ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

キツネウオ(Small-toothed whiptail)

Scientific Name / Pentapodus caninus (Cuvier, 1830)

登録画像は現在ありません

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イトヨリダイ科キツネウオ属
    外国名
    Small-toothed whiptail
    学名
    Pentapodus caninus (Cuvier, 1830)
    漢字・学名由来
    漢字/狐魚
    由来・語源/
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名
    コウコウセイ(高校生)/沖縄県石垣島。体側のラインが八重山高校の学帽を思わせるため。
    生息域
    海水魚。水深15mより浅いサンゴ礁。
    屋久島、琉球列島。
    台湾、南沙群島、フィリピン諸島、インドネシア、マーシャル諸島、ニューカレドニア。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/秋田雄一(沖縄県水産海洋技術センター石垣支所)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「キツネウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ