イトタマガシラ(Japanese whiptail, Nagasaki whiptail、日本紅姑魚、長崎錐齒鯛)

Scientific Name / Pentapodus nagasakiensis (Tanaka, 1915)

イトタマガシラの形態写真

体長20cm前後になる。細長く鱗は体の割りに大きくざらつく。尾鰭上葉、下葉は伸びない。体側の中央部の筋文様は白い。
イトタマガシラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長20cm前後になる。細長く鱗は体の割りに大きくざらつく。尾鰭上葉、下葉は伸びない。体側の中央部の筋文様は白い。体長20cm前後になる。細長く鱗は体の割りに大きくざらつく。尾鰭上葉、下葉は伸びない。体側の中央部の筋文様は白い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜科イトヨリダイ科キツネウオ属

    外国名

    Japanese whiptail, Nagasaki whiptail、日本紅姑魚、長崎錐齒鯛

    学名

    Pentapodus nagasakiensis (Tanaka, 1915)

    漢字・学名由来

    漢字 糸玉頭
    由来・語源 小型のとき、背に細くて白い筋状(糸状)の斑文があるため。
    Tanaka
    田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。

    地方名・市場名

    ウフミジュマー
    場所沖縄本島 
    イスガナマイサダミ
    場所沖縄県宮古 
    ジューマー
    場所沖縄県八重山 
    マッテンコ
    場所鹿児島県屋久島町安房 
    イソチイキ ログイ
    場所高知県 

    生息域

    海水魚。水深15-40mの岩礁域の砂地。
    小笠原諸島、千葉県館山市〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、琉球列島。
    済州島、台湾、フィリピン諸島、インドネシア東部、オーストラリア北西岸・北岸。

    生態

    基本情報

    温かい海域、亜熱帯域にいる小魚で、屋久島ではミズイカ(アオリイカ)の生き餌として利用している。基本的には食用とはしない。

    水産基本情報

    市場での評価/流通しない
    漁法/釣り
    産地/

    選び方

    触って張りのあるもの。体色が褪せていないもの。

    味わい

    旬は不明。
    小型で鱗が強く、皮は比較的厚みがあって強い。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身であるが生食すると著しく歩留まりが悪い。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    唐揚げでしか食べていない
    イトタマガシラの唐揚げ
    イトタマガシラの唐揚げ 水洗いして三枚に下ろすなどをすると歩留まりが悪いので、背開きにしてじっくりと二度揚げしてみた。揚げても中骨は硬いものの香ばしくて美味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/川東守昭さん・繭右さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)
  • 主食材として「イトタマガシラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ