ウチムラサキ(Purplish washington-clam)

Scientific Name / Saxidomus purpurata (Sowerby,1852)

代表的な呼び名オオアサリ

ウチムラサキの形態写真

殻長10cm前後になる。非常にふくらむが強く、丸みがある。貝殻は厚く筋状の成長脈がある。貝殻の内側は濃い紫。
ウチムラサキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長10cm前後になる。非常にふくらむが強く、丸みがある。貝殻は厚く筋状の成長脈がある。貝殻の内側は濃い紫。貝殻の内側は濃い紫色をしている。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ目マルスダレガイ科マツヤマワスレ亜科ウチムラサキ属
    外国名
    Purplish washington-clam
    学名
    Saxidomus purpurata (Sowerby,1852)
    漢字・学名由来
    漢字 内紫
    由来 『目八譜』から。貝殻の内側が紫色をしているため。
    地方名・市場名 [?]
    オオアサリ[大浅蜊]
    備考近年は関東の市場でも。 場所愛知県師崎(愛知県全域)、関東の市場 
    オオガイ[大貝]
    場所兵庫県明石市 
    オバガイ
    場所愛知県渥美 
    ホンジョウガイ[本庄貝]
    場所兵庫県姫路市 
    イシオイ イシガイ イシワリ イシワリガイ イッセ イッセイ イワハマグリ オオアサリ オオガイ オオノガイ オオハマグリ オガイ オキアサリ オキガイ オクガイ オトコゲッコ クチビト サバカイガラ スミガイ ダイナンアサリ タコガイ タコッケェ デェナンアサリ デェランアサリ バガイ ハカマナス ハシダテガイ ハマグリ ホンジョウガイ ヨメゲア
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 
    生息域
    海水生。北海道南西部から九州。朝鮮半島、中国大陸。
    潮間帯から水深10メートルくらいの砂礫地。
    生態
    産卵期は秋。
    基本情報
    三河湾周辺や伊勢志摩などで「大アサリ」として焼いて売っているところが多く、宿にとまっても必ず出てくるなど観光資源ともなっている。大型で食べる部分が多いので、魅力的なのかも知れない。東京湾などでもとれる貝だが、食用貝として重要なのは愛知県、三重県だと思う。
    基本的な食べ方は焼く、だが意外に一般家庭では難しい。また軟体は熱を通すと硬くなるなどもあって、なかなか需要が生まれない。関東で値が安いのはこの料理法の難しさからだ。
    海獣のラッコの餌としても有名。

    大アサリの焼きもの名物 愛知県三河湾周辺、三重県伊勢志摩地方では名物として土産屋で焼かれ、食堂などでも提供されている。スーパーなどにも焼きもの用が並んでいる。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少なくはない。貝殻が厚く、重いため、あまり高くなく、ときに安値となる。
    漁法 潜水漁
    産地 愛知県
    選び方
    原則的に生きていて、貝殻がしっかり閉じているもの。
    味わい
    旬は夏から初秋だろうか?
    貝殻が厚く、歩留まりはやや悪い。足の生、熱を通しての色合いはきれいではない。
    足、水管は熱を通すと硬くなる。ひも、貝柱は煮ても焼いてもあまり硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    焼く(焼き貝)、汁(みそ汁、トマトスープ)、生食(湯引き)
    大アサリの焼き貝焼き貝 もっとも基本的な料理法。直火で焼き上げて酒、しょうゆなどで焼き上げるもの。貝から出る汁としょうゆが焦げて、まずは香りが魅力的。大きな軟体はやや硬いが、甘味うま味とも強く、これまた美味である。焼きたてを食べないと味が落ちる。
    ウチムラサキのみそ汁みそ汁 貝殻が大きいので、必ず剥き、塩水などで軽く洗って適宜に切る。これを水から煮出してみそを溶く。みそを溶いたらすぐに火を消して熱を通しすぎない。また沸騰したらみそを溶き、切ったウチムラサキの身を加えてすぐに火を消してもいい。だしを楽しむか、身を味わうかでやり方を変えるとよい。
    ウチムラサキのトマトスープトマトスープ ウチムラサキは剥き身にして塩水などで軽く洗い、適宜に切る。フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火をつける。玉ねぎみじん切りとトマトの乱切りを炒めて水分が出て来たらローリエの葉と、ウチムラサキを加えて火を通す。仕上げに白ワインを加えて、塩コショウで味つけ、少し煮て火を止めて出来上がり。
    ウチムラサキの湯引き湯引き 剥き身にして塩水などで軽く洗い、内臓を取り、足は開いて、ヒモと貝柱とともに水分をよく切って置く。湯にくぐらせて氷水などに落とす。あら熱がとれたら水分をよく切り、貝殻などを器にして盛る。微かに渋みがあるが、まずくはない。
    好んで食べる地域・名物料理
    愛知県 「オオアサリ(大あさり)」として売られている。片方の貝を剥き取り、スーパーに並んでいる。
    三重県 「オオアサリ(大あさり)」としてスーパーに並んでいる。
    大貝の炊きこみ 〈晩飯 ー貝の炊きこみごはん、豆腐の澄まし汁、こうこ 寒い冬の時期には、大貝など生貝が手に入る。その貝を利用した炊きこみごはんは、冬の晩飯としてからだが温まって喜ばれる。殻から出した貝の身はきれいに洗って砂をとり、きざんで、米と水と醤油と一緒に薄味に炊く。豆腐の澄まし汁をつける。〉[P68 『聞書き 兵庫の食事』(農山漁村文化協会)1992]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ウチムラサキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ