アラヌノメガイ

Scientific Name / Periglypta reticulata (Linnaeus,1758)

アラヌノメガイの形態写真

殻長10センチ前後になる。円形に近くふくらみが強い。表面はざらざらとして荒い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超マルスダレガイ科マルスダレガイ亜科ヌノメガイ属

    外国名

    学名

    Periglypta reticulata (Linnaeus,1758)

    漢字・学名由来

    漢字 荒布目貝
    由来・語源 岩川友太郎の命名。貝殻の表面が布目状で荒いため。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。八丈島・紀伊半島以南。
    潮間帯下部〜水深20メートルの砂礫地。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「アラヌノメガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ