イナミガイ

Scientific Name / Gafrarium dispar   (Dillwyn, 1817)

イナミガイの形態写真

殻長2.5cm前後になる。貝殻の表面に木の枝状の褐色の筋模様があるがほとんどないものもある。後部に顕著な放射肋がある。
イナミガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長2.5cm前後になる。貝殻の表面に木の枝状の褐色の筋模様があるがほとんどないものもある。後部に顕著な放射肋がある。殻長2.5cm前後になる。貝殻の表面に木の枝状の褐色の筋模様があるがほとんどないものもある。後部に顕著な放射肋がある。殻長2.5cm前後になる。貝殻の表面に木の枝状の褐色の筋模様があるがほとんどないものもある。後部に顕著な放射肋がある。貝殻の表面に木の枝状の褐色の筋模様があるがほとんどないものもある。後部に顕著な放射肋がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超マルスダレガイ科シラオガイ亜科ホソスジイナミガイ属
    外国名
    学名
    Gafrarium dispar   (Dillwyn, 1817)
    漢字・学名由来
    漢字 不明
    由来・語源 『五百介品』より。
    地方名・市場名 [?]
    アサリ
    場所徳島県海部郡海陽町竹ヶ島 
    ヒメイナミガイ
    備考別名。 
    生息域
    海水生。潮間帯〜水深20メートルの岩礁域の間にある砂地。
    房総半島以南。
    生態
    基本情報
    潮干狩り・磯遊びで見かける貝。
    温かい海域の岩礁域にいるもので、磯で採取して各家庭で食べられているもの。
    流通することはないと思われる。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 採取
    産地
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は春。
    貝殻は薄い。軟体は熱を通しても硬く締まらない。
    いいだしが出て、軟体に甘みがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    汁(みそ汁)

    みそ汁 磯で貝を漁る人に聞いて、ほとんど総ての人が教えてくれた食べ方がみそ汁。実に味わい深い。身も軟らかくて甘味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    みそ汁
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/島崎満美子さん(徳島県海部郡海陽町竹ヶ島)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「イナミガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ