ミギガレイ(Rikuzen sole)

Scientific Name / Dexistes rikuzenius Jordan & Starks, 1904

ミギガレイの形態写真

22cm SL を前後になる。表は褐色で裏側の縁は薄い茶色、中央部分は白い。楕円形で目が大きい。鱗(うろこ)はカレイ類にしては大きくはがれやすい。目の上に鱗がある。
ミギガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
22cm SL を前後になる。表は褐色で裏側の縁は薄い茶色、中央部分は白い。楕円形で目が大きい。鱗(うろこ)はカレイ類にしては大きくはがれやすい。目の上に鱗がある。表は褐色で裏側の縁は薄い茶色、中央部分は白い。目の上の皮膜に鱗がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科ミギガレイ属

    外国名

    Rikuzen sole

    学名

    Dexistes rikuzenius Jordan & Starks, 1904

    漢字・学名由来

    漢字 右鰈 Migigarei
    由来・語源 「右鰈」は学名(属名)の「Dexistes」 が左右の右であるから。この右が形態からか、体内構造のことなのか不明。明らかに日本の魚類学者が参加していると思われるにで、学名の右、標準和名の右にはなんらかの関わりがあると思う。加えるにタイプ標本が宮城県松島。ここは旧陸前の国なので小種名「rikuzenius」となる。
    Jordan
    David Starr Jordan〈デイビッド・スター・ジョーダン(ジョルダン) 1851-1931 アメリカ〉。魚類学者。日本の魚類学の創始者とされる田中茂穂とスナイダーとの共著『日本魚類目録』を出版。
    Starks
    エドウィン・チャピン・スタークス(Edwin Chapin Starks 1867-1932)。アメリカの魚類学者。スタンフォード大学、デイビッド・スター・ジョーダンのもとで魚類学を学ぶ。ジョーダンとともに国内の魚を多数記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深100-200mの砂泥地。
    北海道渡島半島(少ない)〜九州北岸の日本海沿岸、北海道噴火湾〜千葉県銚子の太平洋沿岸、駿河湾、土佐湾。
    韓国釜山。

    生態

    産卵期は11月〜1月。
    雌の方が大きくなる。

    基本情報

    日本海、南では土佐湾、駿河湾でも見られるが、食用としての認知度はほとんどない。主に岩手県から福島県の小売店で庶民的なカレイとして売られている。
    ある意味、ローカルな魚で、関東などに来ることは非常に希だ。産地では干ものなどにも加工されている。
    底曳き網でまとまってとれ、値がつかない魚であるが食べると非常においしい。もっと積極的に食べるといいと思う。

    水産基本情報

    市場での評価 ミギガレイという種名で取引されることはまずない。雑多なカレイの一つ。流通量は少なくなく、もっと利用されていいもの。
    漁法 底曳網
    主な産地 福島県、宮城県、茨城県など

    選び方

    触って硬いもの。目が盛り上がり、澄んでいるもの。鰓が鮮紅色のもの。

    味わい

    旬は夏ではないかと思うが、漁は秋〜春。産卵期と重なり、子持ちが多い。
    鱗は柔らかく取りやすい。皮は柔らかいが強い。骨は柔らかい。
    筋肉は水分が多く、とても柔らかい。福島県のニクモチは肉餅である気がしている。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ミギガレイの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)、焼く(塩焼き、干もの)、ソテー(ムニエル)

    ミギガレイの煮つけ 本種の産地でのもっとも一般的な料理法だと思う。刺身などにするとやや水っぽいが、熱を通すとほどよく硬く締まる。水洗いして湯通しして冷水に落とす。残った鱗やぬめりを流す。これを酒・醤油・水で煮る。みりん、砂糖などで甘味を加えてもいい。身自体に味があり、ふんわり柔らかい。とても味わい深い。総菜として格好のものだ。

    ミギガレイの唐揚げ 水洗いして水分をよく拭き取る。片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げする。揚げるとやや身が縮むものの硬ならず、柔らかい。皮目が香ばしくて非常においしい。身がしまっているマコガレイなどとは違う味わいである。
    ミギガレイの塩焼き クセのない白身で、熱を通しても硬くならない。水洗いして振り塩をする。これを1時間以上寝かせ、表面の水分をよく拭き取りじっくりと焼き上げる。柔らかく身離れがいい万人向きの味である。たたうま味が豊かであるとは言えないので、できれば軽く干したがおいしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    干もの 岩手県、福島県では干ものが作られている。焼くと独特の風味があり、柔らかく非常においしい。

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1936、第二版1943)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、

    地方名・市場名

    アナネバチ
    場所京都府丹後地方 参考京都府 
    メダマ[メダマガレイ]
    場所北海道函館、宮城県石巻市石巻魚市場 参考『石巻の四季のさかな』(石巻魚市場株式会社) 
    オオメダマガレイ
    場所北海道室蘭 参考『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社) 
    メダカガレイ
    場所宮城県石巻市鮎川 参考文献 
    タバコガレイ[煙草鰈]
    場所岩手県釜石市 参考佐々木隆治さん 
    ダルマガレイ
    場所岩手県釜石市 
    ニクモチガレイ ニクモチ
    場所福島県相馬市原釜 備考「肉持」、もしくは「肉餅」だと思う。触った感じが餅を思わせるので後者だと思う。 参考荷、福島県原釜で採取。 
    ダルマガレイ
    参考文献 
  • 主食材として「ミギガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ