ムシガレイ(Round-nose flounder)

Scientific Name / Eopsetta grigorjewi  (Herzenstein,1890) 

ムシガレイの形態写真

雌の方が大きくSL 40cm前後に、雄はSL 30cm前後になる。有眼側(表 カレイでは右側)に無数の虫食い状の斑紋があるが、3対の斑文が目立つ。口がカレイ類では大きめ。裏返すと透明感のある白。
ムシガレイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
雌の方が大きくSL 40cm前後に、雄はSL 30cm前後になる。有眼側(表 カレイでは右側)に無数の虫食い状の斑紋があるが、3対の斑文が目立つ。口がカレイ類では大きめ。裏返すと透明感のある白。裏側は透明感のある白。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科ムシガレイ属

    外国名

    Round-nose flounder

    学名

    Eopsetta grigorjewi  (Herzenstein,1890) 

    漢字・学名由来

    漢字 虫鰈 Musigarei
    由来・語源 ムシガレイは東京、神奈川での呼び名。表側に虫食い状の斑文があるため。
    『日本山海名産図絵』(平瀬徹斉著・長谷川光信挿画 宝暦4/1754 名著刊行会)には「蒸鰈」というのがあるが、これはヤナギムシガレイではないかと考えている。
    虫食い状の斑紋 本種の特徴は有眼部(表)に円形に近い斑紋が無数にあることだ。この斑紋を虫に食われた木の葉に見立てたのだろう。なかでも中心部分の左右3対の斑紋が目立つ。
    herzenstein
    Solmon herzenstein(ソロモン・マルコビッチ・ヘルツェンシュタイン 1854-1894)。ロシアの動物学者。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深200mよりも浅場の砂泥地。
    北海道〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜土佐湾の太平洋沿岸、瀬戸内海。
    渤海、黄海、朝鮮半島沿岸、上海近海、ピーター大帝湾。

    生態

    産卵期は日本海西南部で1〜3月、日本海北部で4月〜6月、銚子付近で2月〜5月、三陸北部で6月〜6月。
    底生の甲殻類や環形動物をエサとする。

    基本情報

    北海道から長崎の日本海、銚子以北に多い。主に底曳き網などでとれ、山陰などではほとんどが干ものに加工される。鮮魚としての流通は産地周辺が多く、東京都などではクロガレイ・クロガシラガレイ、マガレイなどと比べると少ない。またカレイ類のなかでも価格は安い部類に入る。
    比較的安くて嫌みのない味のカレイだ。料理法を選ばない魚なのでもっと都市部でも利用度を上げた方がいい。

    水産基本情報

    市場での評価 鮮魚での流通は少ない。関東の市場ではあまり見かけない。またヤナギムシガレイほど高くならない。加工品(干物)は市場では定番のものだが、やや高級品である。
    漁法 底曳き網
    主な産地 島根県、長崎県など

    選び方

    身のしっかり硬いもの。表側の3対のの斑文のはっきりしているもの。

    味わい

    旬は秋から春。卵巣がうまいので晩春もおいしい
    鱗は薄く細かく取りやすい。皮はしっかりして強い。骨は軟らかい。
    透明感のある白身でやや水分が多く、うま味は少なめ。干したり、ソテーしたりすることで味わいが増す。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ムシガレイの料理法・レシピ・食べ方/焼く(塩焼き、若狭焼き、干もの)、揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)、ソテー(ムニエル)、揚げる(フライ、天ぷら、唐揚げ)、生食(刺身)
    ムシガレイの塩焼き
    ムシガレイの塩焼き 水洗いして水分をよくきり、振り塩をして少し寝かせる。これをじっくりと焼き上げたもの。本種にとってもっとも定番となる料理法。冬から春の子持ちは特に珍重されている。焼いて初めて皮目の風味や上質の白身が生きてくる。非常にうまい。干ものにするとより風味が増す。

    ムシガレイのフライ 水分が多いものの、クセのない味わいでほどよく繊維質の身質だ。また皮目にも臭味がない。このような魚は揚げ物に向いている。五枚に下ろし、塩コショウして小麦粉をまぶし、衣(卵・水・小麦粉)をつけてパン粉をまぶし揚げる。さくっと香ばしく身はほどよくしっとりとして柔らかい。美味。
    ムシガレイの天ぷら 五枚下ろしにして水分をよくペーパータオルなどに挟んでとる。軽く振り塩をして小麦粉をまぶし、衣をつけて高温で揚げる。無駄な水分が抜け、うま味が増す。さくっとした食感も心地よくとても味わい深い。
    ムシガレイの唐揚げ 小振りのものは丸のまま、大型のものは適当に切る。ここでは5枚下ろしにして、中骨、身を別々に上げて見た。表面はさくっと香ばしく、中は適度にしまって甘味がある。
    ムシガレイの煮つけ 春に揚がった子持ちを煮つけに。水洗いして、湯通し。冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をよくきり、酒・しょうゆ・水で煮上げたもの。臭い消しはしょうがを使ったがごぼう、ねぎなどお好みで。身離れがよく身に甘みがあり、卵巣はこっくりとした甘味とうま味がある。

    ムシガレイの魚すき(煮食い、いりやき、へか焼き) すき焼き地、もしくはしょうゆ味で煮ながら食べるもので、日本各地に同様の料理がある。水洗いして、適当に切り、湯通し、冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。これを酒・みりん・しょうゆ・水の地で煮ながら食べる。野菜などはお好みでコンニャクが合う。

    ムシガレイのムニエルムシガレイのムニエル 上品で淡泊な味わい。油を使った料理法も向いている。水洗いして水分をよくきり、小麦粉をまぶして多めの油でじっくりとソテーしたもの。バターで風味づけするとより味わい深くなる。
    ムシガレイの刺身 生で食べてもあまり美味しいとは思えない。活魚もしくは高鮮度のものは違うかもしれないが、今のところ刺身は平凡だとしかいいようがない。むしろ昆布で締めた方がいいかも。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    干もの 本種は基本的に干ものに加工される。この多くが島根県浜田市で作られている。浜田市のカレイの干もの加工は1918年(大正7)、浜田の干もの作りの礎を築いた松森栄作が未利用のカレイを利用したことから始まる。比較的ローカルな加工品であるカレイの干ものを地場産業にしたことなどで重要だと思う。
    水がれいの干もの 「一夜干し」は本種の定番的な加工品。やや水っぽいのが干すことで味が濃縮されて、独特の風味が生まれる。島根県、山口県、秋田県など日本海側で盛んに作られている。写真は島根県浜田市で作られたもの。

    釣り情報

    相模湾、駿河湾などでのマダイ釣りの外道のひとつ。タナが低いと釣れてしまう。

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/明石浦漁業協同組合(兵庫県明石市)、海鮮市場 マルモト(神奈川県伊勢原市)、マルコウ水産(東京都八王子市)
    『あいちの水産物 ハンドブック100』(愛知県農林水産課)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)

    地方名・市場名

    オオサンボウ ホウサンボウ
    場所兵庫県明石 参考文献 
    イソガレイ
    場所兵庫県津居山・但馬 参考文献 
    アサワ アサワガレイ
    場所富山県富山県東岩瀬・新湊・生地・魚津 備考内田恵太郎はカレイの総称としている。 参考文献 
    ベチャガレイ
    場所富山県滑川 参考文献 
    ダイバ ダイバガレイ
    場所山形県全域・鶴岡市由良漁港 参考文献など 
    マガレイ
    場所島根県大社町・浜田 備考カレイの干ものの中でも生産量の多いもので、たくさんとれて利用度が高いという意味だろう。 参考文献 
    トノサマガレイ[殿様鰈]
    場所広島県賀茂郡 参考文献 
    スキヤガレイ
    場所徳島県 参考文献 
    デビラ
    場所愛媛県川之江 参考文献 
    ダイバン
    場所新潟県出雲崎 
    キクナガレイ タイナガレ
    場所新潟県出雲崎 参考文献 
    タイカレイ
    場所新潟県寺泊 参考文献 
    ベタガレイ ヤマブシガレイ
    場所有明海 参考文献 
    ミズビラメ
    場所神奈川県小田原市 参考20190423 
    ピタピタ
    場所神奈川県江ノ島 参考文献 
    コナワガレイ
    場所福井 参考文献 
    カンナワガレイ コノハ コノバ
    場所福井県 参考文献 
    スガレイ
    場所福井県三国 参考文献 
    ムシガレイ
    場所福島県いわき市、茨城県、関東周辺、新潟県寺泊 参考『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日新聞社 1966) 
    ムシ
    場所福島県いわき市、茨城県全域・水戸、神奈川県江ノ島 参考文献 
    ムシビラメ
    場所福島県小名浜 参考文献 
    ニクブカ ニクブカ
    場所茨城県久慈浜 参考福島水試 
    サイベ
    場所青森県八戸 参考野呂恭成さん 
    サントガレイ
    場所青森県八戸市 参考野呂恭成さん 
    イソガレイ モンガレイ[紋鰈]
    場所兵庫県但馬地方 
    キクアサバ
    場所新潟県上越市浦本 備考新潟県上越市浦本ではカレイ類を「あさば」という。背面の斑紋を菊の花にみたてた。 
    キクカレイ キクガレイ
    場所新潟県糸魚川市、長野県松本市魚平 備考背面の斑紋を菊の花にみたてた。 
    ジンナイカレイ
    場所広島県倉橋島 
    デバ
    場所山形県鶴岡市由良漁港 
    トサンボ サンボガレイ
    場所兵庫県明石市 
    バンガレイ
    場所愛知県 
    ヒガレイ
    場所岩手県久慈市 
    ミズガレイ ミズカレイ
    場所北海道、宮城県仙台・石巻市石巻魚市場、福島県相馬、愛知県、京都府久美浜・舞鶴市舞鶴魚市場、兵庫県但馬地方、島根県、広島県呉市 備考水分が多く鮮魚で食べても水ぽいため。 参考『石巻の四季のさかな』(石巻魚市場株式会社) 
    ミズクサ ミズクサガレイ[水草鰈]
    場所北海道岩内、青森県鰺ヶ沢町・むつ市 
    ヤマガレイ
    場所京都府久美浜 参考文献 
  • 主食材として「ムシガレイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ