ホンモロコ(Biwa gudgeon)

Scientific Name / Gnathopogon caerulescens (Sauvage, 1883)

代表的な呼び名モロコ

ホンモロコの形態写真

12cm SL 前後になる。体色は白っぽい。細長く体側に黒い斑紋がなく、縦の暗色斑は不明瞭。1対の口ひげがある。近縁のタモロコよりも体高がなくほっそりしている。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科バルブス亜科タモロコ属

    外国名

    Biwa gudgeon

    学名

    Gnathopogon caerulescens (Sauvage, 1883)

    漢字・学名由来

    漢字 本諸子、本諸魚
    由来・語源 他のタモロコ、デメモロコなどと区別して本をつけた。
    モロコは「もろ」=漢字の「諸」であり多いこと。「こ」は「子」であり子だくさんと表す。
    「もろ」は多いことで、「こ」は魚を表す語尾。

    地方名・市場名

    生息域

    淡水魚。琵琶湖固有種。
    奥多摩湖、山梨県山中湖・河口湖、岡山県湯原湖など各地に移植され繁殖している。

    生態

    琵琶湖固有種。
    普段は沖合にいて、産卵期になると群れを作り岸辺に集まってくる。
    水深5メートル前後を群れをなして泳ぐ。
    動物プランクトンをエサとする。
    3月〜7月に湖岸や内湖や用水路などに移動して産卵。

    基本情報

    本来は滋賀県琵琶湖特産魚。湖魚のなかでももっとも高価で京都や東京都などにも出荷されているが、量的には非常に少ない。
    これが千葉県、埼玉県などでも養殖が進んでいる。
    琵琶湖ではもっとも価格の高い魚で、鮮魚、佃煮、素焼き、なれずしなどに加工されている。

    水産基本情報

    市場での評価 琵琶湖周辺、京都で取り扱われるもので、高級魚。
    漁法 定置網、養殖
    産地 滋賀県、埼玉県、千葉県

    選び方

    白銀で輝いているもの。身にはりのあるもの。

    味わい

    旬は冬から春
    小魚なので丸ごと食べるもの。
    白身でクセがなく旨み、独特の風味がある。
    骨が柔らかい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    焼きもの、天ぷら、煮つけ
    ホンモロコの素焼き
    ホンモロコの素焼き 素焼きすると香ばしく、クセがなく骨が軟らかいので丸ごと食べることができる。子持ちの時期は真子の甘さ、うま味もプラスされる。


    ホンモロコの天ぷらホンモロコの天ぷら 地元でも定番的な料理法である。骨が柔らかく上げても硬く締まらずふんわりと揚がる。実にうまい。
    ホンモロコの煮つけ煮つけ
    しょうゆ、酒、砂糖などを使い薄味で煮てとてもうまい。

    好んで食べる地域・名物料理

    素焼き 素焼きにしてショウガ醤油、三杯酢、酢みそで食べる。琵琶湖周辺。(滋賀県大津市堅田)

    加工品・名産品

    佃煮 琵琶湖周辺。
    焼きもろこ 琵琶湖周辺。温めてショウガ醤油で、酢みそなどで食べる。
    もろこの南蛮漬 ホンモロコを素焼きにして甘酢に漬け込んだもの。
    なれずし 琵琶湖周辺。産卵期にとったものを飯と漬け込んだもの。

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります■飛騨コンロ(卓上のコンロ)で焼いて、しょうがしょうゆ、もしくはすだちを搾り込んだしょうゆで食べるのは、異常にうまい。魔味であると思っている。その香り、もの微かな甘味、ワタの程よい苦味。まさに調和がとれた味わいである。また難しいのであるがあっさりと薄味に炊き上げるのもうまい。

    参考文献・協力

    『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)
  • 主食材として「ホンモロコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ