カネヒラ

Scientific Name / Acheilognathus rhombeus (Temminck and Schlegel,1846)

カネヒラの形態写真

日本最大のタナゴ。体長15センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科タナゴ亜科タナゴ属
    外国名
    学名
    Acheilognathus rhombeus (Temminck and Schlegel,1846)
    漢字・学名由来
    漢字 金平
    由来・語源 成熟すると赤味を帯びる。すなわち「赤」といえば金太郎である坂田の金時、これが成人して「金平」となる。これが由来?
    地方名・市場名 [?]
    ベンジョコ
    備考ヤリタナゴとの混称。メスも同様。 参考日比野友亮 場所福岡県柳川市 
    ボテジャコ オクマボテ
    場所琵琶湖 
    生息域
    淡水魚。濃尾平野以西の本州、九州北部。霞ヶ浦、関東平野にも移植。
    河川の下流の暖流域、用水、平野部の大きな湖沼。
    生態
    9月から11月にタテボシやイシガイなどの鰓葉室に産卵。河川の中・下流域。
    平野部の湖沼や池、水路。
    藻類を餌としている。
    基本情報
    タナゴ類中もっとも大型になる。
    タナゴ類では珍しく生息域を広げている。
    秋に産卵する。
    水産基本情報
    各地で佃煮などに加工されるもの。鮮魚としての流通はほぼない。
    選び方
    味わい
    まだ食べていない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    大型なので脈釣りや浮きづり。エサはサシや練り餌を使う。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「カネヒラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ