モロコ

一般的に「モロコ」と呼ばれる水産物についてのまとめページです。

「モロコ」と呼ばれる水産物一覧

印は「モロコ」ですがそれ以外はモロコの仲間ではありません。

  • スゴモロコ

    淡水魚。琵琶湖固有亜種。関東に移植されている。 琵琶湖の水深10メートル付近の砂泥地。琵琶湖周辺では加工品、食用となっている。 佃煮や素焼きになるものの、湖産魚としては安い。
    スゴモロコのページへ
  • タモロコ

    淡水魚。河川の中流域・下流域、湖沼、池。砂底または砂泥底。本もろこが琵琶湖の沖合にいるのに対して河川や内湖、用水路にいる。 関東以西の本州と四国。本来は静岡県と新潟県以西、四国の一部に自然分布。 関東地方には移植、それが繁殖している。 東北地方や九州の一部にも移植。関東、愛知県、岐阜県では佃煮材料として重要。 骨が柔ら・・・
    タモロコのページへ
  • デメモロコ

    淡水魚。平野の湖沼、水路、河川のわんど。 濃尾平野、琵琶湖。愛知県などで売られている「もろこ煮」や琵琶湖の小魚類の佃煮などに混ざる。
    デメモロコのページへ
  • ホンモロコ

    淡水魚。琵琶湖固有種。 奥多摩湖、山梨県山中湖・河口湖、岡山県湯原湖など各地に移植され繁殖している。本来は滋賀県琵琶湖特産魚。湖魚のなかでももっとも高価で京都や東京都などにも出荷されているが、量的には非常に少ない。 これが千葉県、埼玉県などでも養殖が進んでいる。 琵琶湖ではもっとも価格の高い魚で、鮮魚、佃煮、素焼き、な・・・
    ホンモロコのページへ

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト