チチブ

Scientific Name / Tridentiger obscurus (Temminck and Schlegel)

チチブの形態写真

9cm SL 前後になる。

    • 魚貝の物知り度


      知らなきゃ恥
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科チチブ属

    外国名

    学名

    Tridentiger obscurus (Temminck and Schlegel)

    漢字・学名由来

    漢字 知々武
    由来・語源 高知県での呼び名。「ちち」は陰茎の俗語。「ぶ」は魚名接尾語。

    地方名・市場名

    ダボハゼ
    場所東京、千葉県 
    ゴリ
    場所高知県 

    生息域

    内湾や河川の河口域。
    北海道胆振〜九州南岸の大平洋沿岸、青森県、新潟県〜九州南岸の日本海・太平洋沿岸、瀬戸内海、隠岐、壱岐、五島列島、対馬。
    朝鮮半島全沿岸。

    生態

    河口域などで5〜9月に石や石垣の天井に産卵。
    1ヶ月ほど浮遊生活を送る。
    底生にはいり1年で成熟し、1年で死ぬ。

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「チチブ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ