スミウキゴリ

Scientific Name / Gymnogobius petschiliensis (Rendahl, 1924)

スミウキゴリの形態写真

体長15cm前後になる。第1背鰭の後方に黒い斑紋がない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ウキゴリ属
    外国名
    学名
    Gymnogobius petschiliensis (Rendahl, 1924)
    漢字・学名由来
    漢字 墨浮吾里(sumiukigori)
    由来・語源 産卵期に墨のように黒ずむからではないか?
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    淡水・汽水域。河川の下流域〜河口域。
    北海道日高地方、本州、四国、九州、隠岐、対馬、壱岐、種子島、屋久島。朝鮮半島。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/瀬能宏(神奈川県立生命の星・地球博物館)
    『日本のハゼ』(監修・瀬能宏 写真・矢野維畿 解説・鈴木寿之、渋川浩一)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)
  • 主食材として「スミウキゴリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ