ツムギハゼ(Hair-finned goby)

Scientific Name / Yongeichthys criniger (Valenciennes, 1837)

ツムギハゼの形態写真

ツムギハゼの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    🤚

    食用不可

    🤚

    食用不可
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ツムギハゼ属
    外国名
    Hair-finned goby
    学名
    Yongeichthys criniger (Valenciennes, 1837)
    漢字・学名由来
    漢字/紬沙魚、紬鯊 Tumugihaze
    由来・語源/体表の模様から。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    汽水・海水魚。内湾の湾奥部、河口域砂礫底から軟泥底に生息。
    八丈島、静岡県西伊豆、和歌山県串本、高知県大月、屋久島、琉球列島。
    台湾南部、海南島、インド-西太平洋、カロリン諸島、サモア島。
    生態
    基本情報
    沖縄などを含む南西諸島で「毒はぜ」とされていたもの。
    『魚貝類の毒』(橋本芳郎 学会出版センター 1977)に〈西表島では苗代のネズミ殺しに毒ハゼを使ったことがあるという言い伝えや、奄美大島の笠利町手花部では、湾内にメクライブという毒ハゼがいて、ブタやニワトリに与えると短時間で死ぬという古くからの戒めがある〉。
    皮、内臓、筋肉、生殖巣に毒があり絶対に食用としてはいけない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『魚貝類の毒』(橋本芳郎 学会出版センター 1977)
  • 主食材として「ツムギハゼ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ