ヒガンフグ(英名/Globefish, Blowfish, Puffer)

Scientific Name / Takifugu pardalis (Temminck and Schlegel, 1850)

ヒガンフグの形態写真

31cm SL 前後になる。体表の棘はなく小疣状のものが密集する。触るとごつごつした感じだ。断面は円形に近く全体に丸みをもつ。側面から背部は薄い褐色のなかに褐色の斑紋が密に散らばる。
ヒガンフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
31cm SL 前後になる。体表の棘はなく小疣状のものが密集する。触るとごつごつした感じだ。断面は円形に近く全体に丸みをもつ。側面から背部は薄い褐色のなかに褐色の斑紋が密に散らばる。31cm SL 前後になる。体表の棘はなく小疣状のものが密集する。触るとごつごつした感じだ。断面は円形に近く全体に丸みをもつ。側面から背部は薄い褐色のなかに褐色の斑紋が密に散らばる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属

    外国名

    英名/Globefish, Blowfish, Puffer

    学名

    Takifugu pardalis (Temminck and Schlegel, 1850)

    漢字・学名由来

    漢字 彼岸河豚 Higanfugu
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。春の彼岸頃よくとれるからで、三月河豚という呼び名もある。また、「食べると彼岸に渡る」、すなわち死んでしまうという意味。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。日本各地。浅い岩礁域。
    北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海、北海道南西部〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、東シナ海。朝鮮半島沿岸、渤海、黄海、済州島。

    生態

    基本情報

    冬になると入荷が増え、5月、6月くらいまで市場で見かける。入荷のピークは春。「彼岸河豚」、「三月河豚」などの呼び名通りに、流通上で見かける機会が多くなるのは春。市場に春を感じさせてくれる魚でもある。
    関東などではトラフグと比べると安いので、ショウサイフグとともに人気が高い。
    産卵後以外は比較的味がよく、フグのなかではやや高値がつく。養殖されていないので総て天然。

    水産基本情報

    市場での評価 冬から春にかけて入荷してくる。やや高値。
    漁法 釣り、定置網
    産地 神奈川県、宮城県

    選び方

    味わい

    旬は秋から春。初夏にも味のいい個体がある。
    皮は硬く剥きやすい。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身でトラフグ属の中でも比較的しまっている。
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で
    ヒガンフグの部位 食用となるのは筋肉と精巣(白子)のみ。産卵前は毒を除去すると雌だと歩留まりは半分、雄の場合は7割ほどだ。
    筋肉は無毒だとされてきたが弱毒の固体もある。精巣(白子)は弱毒。肝臓と卵巣は猛毒。皮膚と腸は強毒。腎臓や脳みそ、目などの毒性は不明だが、ていねいに取り去る。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ヒガンフグの料理法・調理法・食べ方/煮る(鍋、煮つけ)、汁(潮汁、みそ汁)、生食(刺身、焼き切り)、焼く(ポン酢焼き、酒塩焼きなど)

    ヒガンフグのふぐちり みがき(毒の除去済み)を買って作ったもの。身は適当に切り、湯通しして冷水に落として表面のぬめりを流す。これを昆布だしに酒・塩味で煮ながら食べる。野菜などはお好みで。身は適度に締まり、微かに甘味があって味わい深い。ポン酢や柑橘類と醤油で食べるといい。

    ヒガンフグの鍋韓国風 基本的に液体をかいする料理に合う。ここではみがきを適当に切り、湯通しする。冷水に落としてぬめりを流す。これを煮干しだし、酒・塩味で煮ながら食べる。好みで唐辛子と一緒に煮る。筋肉自体に味がない分を煮干しだしで補う。唐辛子の辛味がいい。
    ヒガンフグの魚すき みがきをやや薄めに切る。これをしょうゆ、酒、砂糖と水の下地で煮ながら食べる。砂糖の代わりにみりんを使ってもいい。淡泊な味わいなので、ややこってり甘辛味が合う。ご飯にも合う。
    ヒガンフグのみそ汁 中骨や頭部を適当に切る。湯通しして冷水に落として表面のぬめりを流す。これを水から煮出してみそをとく。ここでは出始めのナスを使ったが野菜はお好みで。豆腐や麩などを合わせてもいい。とてもご飯に合う。
    ヒガンフグの煮つけ みがきを適当に切る。頭部などからおいしいだしが出るので、必ず使いたい。湯通しして冷水に落として表面のぬめりを流す。これを酒・醤油・水で煮る。砂糖、みりんで甘味をつけてもいい。たまり醤油を使ってコッテリした味つけにしてもおいしい。
    ヒガンフグの薄造り できるだけ鮮度のいいものを買い求める。活魚がいちばんいい。みがきを三枚に下ろしてさらしに巻き、一日(24時間)寝かせる。適度に水分が抜けたら、できるだけ薄く切りつける。これをポン酢か柑橘類と醤油で食べる。味のよさと値段を考えるとコストパフォーマンスはいちばんかも。
    ヒガンフグのたたき みがきを三枚に下ろして、さらしなどに巻き一日寝かせる。薄皮の方をあぶって温かい内に薄切りにする。やや温かいときにポン酢で食べて美味だし、冷やして食べてもいい。柑橘類がとても合う。
    ヒガンフグの唐揚げ 頭部やかまの部分、中骨周りを使う。食べやすい大きさに切り、水分をていねいにとる。片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げする。揚げたてに塩コショウもしくは、パプリカを振る。
    ヒガンフグの韓国風焼き魚 韓国の焼き魚にはソテーと、国内と同様火であぶり焼きにするものとがある。三枚に下ろし、適当に切り、塩コショウする。小麦粉をまぶしてごま油でソテーする。火が通ったらコチュジャン、酢、甘味(梨やリンゴのすりおろしたもの、もしくは砂糖、ハチミツなど)のタレを回しかける。
    ヒガンフグの魚醬焼きヒガンフグの魚醬焼き ヒガンフグの身を魚醬(しょっつる、いしる)と酒を合わせた地に半日以上つけ込んで焼き上げたもの。佳肴である。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    千葉県外房でのフグかっとう釣りでは本種も狙いのもの。味がいいので人気があるが、数は釣れない。

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)

    地方名・市場名

    アカメ
    場所京都府丹後地方 参考京都府 
    オンビキ
    場所兵庫県明石 参考文献 
    モンバフグ
    場所兵庫県浜坂 参考文献 
    サンガツフグ[三月河豚]
    場所宮城県松島 参考文献 
    アカフグ
    場所富山県氷見 参考文献 
    チンチンフグ
    場所島根県浜田 参考文献 
    モチダフグ
    場所広島県旧加茂郡 参考文献 
    ヒンガンフグ
    場所神奈川県三崎 参考文献 
    ヨリトフグ
    場所神奈川県三崎、三重県 参考文献 
    ナゴヤフグ[名古屋河豚]
    場所神奈川県三崎、兵庫県淡路 参考文献 
    ヒガンフグ
    場所神奈川県三崎、山口県下関、福岡県柳河 参考文献 
    ヒガンブク
    場所福岡県志賀島 参考文献 
    ナメラフグ
    場所福岡県玄海 参考文献 
    モフグ
    場所香川県 参考文献 
    アカメフグ[赤目河豚]
    場所秋田県男鹿、関東、熊本県天草 
    コメフグ
    場所石川県七尾市七尾魚市場 
    メアカフグ[目赤河豚]
    場所宮城県石巻、静岡県伊豆 
  • 主食材として「ヒガンフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ