クマサカフグ(Oceanic puffer)

Scientific Name /  Lagocephalus lagocephalus (Linnaeus, 1758)

クマサカフグの形態写真

体調50cm前後になる。背面と腹面にトゲがある。胸鰭、背鰭、尻鰭、尾鰭は黒い。尾鰭下葉は上葉よりも長い。
クマサカフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体調50cm前後になる。背面と腹面にトゲがある。胸鰭、背鰭、尻鰭、尾鰭は黒い。尾鰭下葉は上葉よりも長い。尾鰭下葉は上葉よりも長い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      🤚
      食用不可

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科サバフグ属

    外国名

    Oceanic puffer

    学名

    Lagocephalus lagocephalus (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字 熊坂河豚(kumasakafugu)
    由来・語源 田中茂穂の命名とされるが、本来は新潟県寺泊での呼び名。平安時代末期の盗賊熊坂長範は牛若丸(源義経)に討たれたという伝説があり能などに脚色されている。ここから泥棒のことを「熊坂」と言うようになった、本種が薄汚れて、こそ泥のように見えるためか?
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。
    新潟県佐渡、兵庫県浜坂、長崎県五島列島南西沖、北海道〜東北地方の太平洋沿岸、房総半島〜高知県以布利の太平洋沿岸、屋久島。
    希に千島列島、済州島、台湾、西沙諸島、天皇海山、ハワイ諸島、インド-太平洋。

    生態

    基本情報

    毒性は不明で食用は不可である。
    定置網などで希にとれるが流通はしない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    毒性は不明。
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「クマサカフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ