ハナキンチャクフグ

Scientific Name / Canthigaster coronata (Vaillant and souvage)

ハナキンチャクフグの形態写真

10cm SL 前後になる。体側の鞍掛状斑紋は下部まで達せず、リーダー罫がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      🤚
      食用不可
    • 味の評価度

      🤚
      食用不可

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科キタマクラ属

    外国名

    学名

    Canthigaster coronata (Vaillant and souvage)

    漢字・学名由来

    漢字 花巾着河豚 Hnakinchakufugu
    由来・語源 花は色彩にとむ模様があるため。巾着(昔の財布)型のフグであるため。『魚類大図鑑 南日本の沿岸魚』(益田一、荒賀忠一、吉野哲夫 東海大学出版会 1975)に新称とある。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。砂礫底、藻場、サンゴ礁附近。
    伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県館山から九州南岸の大平洋沿岸、屋久島、トカラ列島、琉球列島。
    台湾、中沙群島、ベトナム、フィリピン諸島、カロリン諸島、マリアナ諸島、パラオ諸島、オーストラリア東岸、トンガ諸島。

    生態

    基本情報

    比較的暖かい海域では普通。食用ではない。
    有毒

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/岩田昭人さん 尾鷲市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ハナキンチャクフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ