カナフグ

Scientific Name / Lagocephalus inermis (Temminck and Schlegel, 1850)

カナフグの形態写真

70cm SL 前後になる。ずんぐりとしてサバフグ属では体高があり、鰓孔はそのままでは黒ずんではっきりしないが、少しめくるとはっきりと黒いのがわかる。背中に小さな棘ががない。
カナフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
70cm SL 前後になる。ずんぐりとしてサバフグ属では体高があり、鰓孔はそのままでは黒ずんではっきりしないが、少しめくるとはっきりと黒いのがわかる。背中に小さな棘ががない。少しめくるとはっきりと黒いのがわかる。背中に小さな棘ががない。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科サバフグ属
    外国名
    学名
    Lagocephalus inermis (Temminck and Schlegel, 1850)
    漢字・学名由来
    漢字 金河豚
    由来・語源 色合いから。
    地方名・市場名 [?]
    アオフグト カナブク キンフグ ギンフグ ギロ ギロウオ キタマクラ タカトウフグ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。
    富山湾、山口県北岸、玄界灘、東北地方〜九州南岸の大平洋沿岸、長崎県五島列島西沖〜台湾北部にいたる東シナ海大陸棚縁辺。
    朝鮮半島南岸、済州島、台湾、中国江蘇省・浙江省・広東省沖合、インド-西太平洋。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    可食部 精巣、筋肉、皮
    強毒/肝臓
    無毒/筋肉、皮膚、精巣
    卵巣は食用不可
    南シナ海のものには肉に弱毒、ときに強毒ありとの報告がある。
    フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    鹿児島県南さつま市 伊東正英さんから
    同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    参考/『日本近海産フグ類の鑑別と毒性』(厚生省生活衛生局乳肉衛生課 中央法規出版)
  • 主食材として「カナフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ