ホッコクエビ

Scientific Name / Metapenaeopsis lamellata(De Haan,1844)

ホッコクエビの形態写真

体長70ミリ前後になる。頭部が大きく額角は短く硬い。生きているときから赤い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目クルマエビ科アカエビ属
    外国名
    学名
    Metapenaeopsis lamellata(De Haan,1844)
    漢字・学名由来
    漢字 北国蝦、北国海老
    由来・語源 生息域が宗谷海峡に及ぶため。
    地方名・市場名 [?]
    キントキエビ
    場所兵庫県明石市 
    生息域
    海水生。北海道西岸以南から九州。黄海、シナ海。
    水深300メートルより浅い内湾、内海。
    生態
    基本情報
    日本各地で細々と食べられているもの。
    まとまって取れる地は兵庫県明石を知るのみ。
    古くから素麺つゆのだしなどに利用されていた。
    水産基本情報
    市場での評価 明石市では初夏から夏にとれる。やや高値。
    漁法 底曳き網
    産地 兵庫県
    選び方
    味わい
    旬は初夏から夏。
    殻が硬く頭部が大きい。
    歩留まりは非常に悪い。
    筋肉を食べるよりもだしとして利用するほうがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 つゆ、かき揚げ、ゆでえび
    つゆ◆ゆで汁を素麺、うどんなどのつけ汁、かけ汁などにして美味。甘みが強くエビの香りが高い。
    かき揚げ◆頭部と足、尾を取り去ってから揚げる。残った殻が香ばしく甘みもある。
    ゆでえび◆頭部が大きく硬いので食べる部分は尾にある筋肉のみ。食べでがないが甘みがあってうまい。
    ホッコクエビのかき揚げかき揚げ◆頭部と足、尾を取り去ってから揚げる。残った殻が香ばしく甘みもある。
    好んで食べる地域・名物料理
    そうめんつゆ/兵庫県明石市ではゆで汁を素麺のつけ汁にする。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『浜から伝える 魚調理事典』(兵庫県漁業協同組合連合会 山嵜清張)
  • 主食材として「ホッコクエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ