トゲサケエビ

Scientific Name / Parapenaeus lanceolatus Kubo, 1949

トゲサケエビの形態写真

雄の全長100ミリ、雌は110ミリ。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目クルマエビ科サケエビ属
    外国名
    学名
    Parapenaeus lanceolatus Kubo, 1949
    漢字・学名由来
    漢字 棘裂蝦、棘裂海老
    由来・語源 額角が長いためではないか?
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。駿河湾、熊野灘、徳島沖、土佐湾、東シナ海。フィリピン、インドネシア、オーストラリア西岸。
    水深183〜407メートル。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/岩田昭人さん 尾鷲市
    同定/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
  • 主食材として「トゲサケエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ