イソマグロ(Dogtooth tuna, Scaleless tuna)

Scientific Name / Gymnosarda unicolor (Rüppell, 1838)

イソマグロの形態写真

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科イソマグロ属

    外国名

    Dogtooth tuna, Scaleless tuna

    学名

    Gymnosarda unicolor (Rüppell, 1838)

    漢字・学名由来

    漢字 磯鮪
    由来・語源 磯周りに多いマグロの意味。

    地方名・市場名

    トカキン
    場所鹿児島県奄美大島 参考奄美漁業協同組合 

    生息域

    海水魚。南日本熱帯・亜熱帯の沿岸域。インド太平洋域。

    生態

    基本情報

    熱帯の沖縄や小笠原では漁獲され食用とされている。
    ただし関東では遠征しての大物釣りの対象というイメージがある。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    旬は不明だが寒い時季ではないかと思う。
    マグロとつくが赤身ではない。身は白っぽくて旨味が薄い。
    逆にいうならばクセのない味わいである。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 フライ、ムニエル、漬け(刺身)
    イソマグロのフライ「フライ」。淡泊で水分の多い身なので「揚げる」のがいちばん向いた料理法。フライにして美味。竜田揚げにしてもよい。
    イソマグロの刺身「刺身」。サバ科でもマグロ類とはまったく縁がないのは赤身ではないことでもわかる。淡泊で水分が多い。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「イソマグロ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ