スマ属

Classification Euthynnus Lütken in Jordan & Gilbert, 1883

スズキ目(Perciformes)について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目

食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
鰭、棘などが発達した高等な魚類。
Suborder Acanthuroidei/ニザダイ亜目
Suborder Blennioidei/ギンポ亜目
Suborder Callionymoidei/ネズッポ亜目
Suborder Caproidei/ヒシダイ亜目
Suborder Gobiesocoidei/ウバウオ亜目
Suborder Gobioidei/ハゼ亜目
Suborder costeoidei/イレズミコンニャクアジ亜目
Suborder Labroidei/ベラ亜目
Suborder Mugiloidei
Suborder Percoidei/スズキ亜目
Suborder Scombroidei/サバ亜目
Suborder Scombrolabracoidei/ムカシクロタチ亜目
Suborder Sphyraenoidei
Suborder Stromateoidei/イボダイ亜目
Suborder Trachinoidei/ワニギス亜目
Suborder Xiphioidei/カジキ亜目
Suborder Zoarcoidei/ゲンゲ亜目

サバ亜目について

ハガツオ

サバ科、タチウオ科など重要な食用魚が目白押し。
Family/Gempylidae Gill, 1862/クロタチカマス科
Family/Scombridae Rafinesque, 1815/サバ科
Family/Trichiuridae Rafinesque, 1810/タチウオ科
Family/Sphyraenidae Rafinesque, 1815/カマス科

サバ科(Scombridae)について


スズキ目(Perciformes Bleeker, 1859)サバ亜目(Scombroidei)サバ科(Scombridae/mackerels)魚類はほぼ総てが海水魚。

2つの亜科に分かれる。ガストロ亜科(Gasterochismatinae)ガストロ(Gasterochisma melampus)1種意外はすべてサバ亜科(Scombridae)に属す。

サバ亜科に4族11属。
Sardini族(Tribe: Sardini)/ハガツオ属(Tribe: Sardini)、イソマグロ属
Scomberomorini族(Tribe:Scomberomorini)/ニジョウサバ属(Grammatorcynus Gill, 1862)、カマスサワラ属(Acanthocybium Gill, 1862)、サワラ属
マグロ族(Tribe:hunnini) /ソウダ属(Auxis Cuvier, 1829)、スマ属(Euthynnus)、カツオ属、マグロ属(Thunnus South, 1845)
Scombrini族(Tribe:Scombrini)/グルクマ属(Rastrelliger)、サバ属(Scomber Linnaeus, 1832)

総てが食用種。

スマ属(Euthynnus)について


サバ科hunnini(マグロ族)スマ属は国内では1種。大西洋にはタイセイヨウヤイトがいる。

約1mになる魚で太平洋側の温かい海域では味のいい魚として人気が高い。近年、養殖が研究されている。
Euthynnus affinis (Cantor, 1849)/スマ/Eastern little tuna
Euthynnus alletteratus (Rafinesque, 1810)/タイセイヨウヤイト/Little tunny /60cm前後になる。大西洋の熱帯域・亜熱帯域に広く生息、地中海にもいる
Euthynnus lineatus Kishinouye, 1920/Black skipjack/60cm-80cm前後になる。東太平洋カリフォルニア〜ペルー北部沿岸

スマ属に属する仲間一覧

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト