メイチダイ(Nakedhead)

Scientific Name /  Gymnocranius griseus (Temminck and Schlegel, 1844)

メイチダイの形態写真

40cm前後になる。側扁し、幼魚、小型には身体を横に走る黒い帯が目にも通るが成魚では縞模様が消える。頬に鱗があり、Trac(側線から背鰭までの鱗の数)は小さいものも含めて5つ。下顎の歯は犬歯状。
メイチダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
40cm前後になる。側扁し、幼魚、小型には身体を横に走る黒い帯が目にも通るが成魚では縞模様が消える。頬に鱗があり、Trac(側線から背鰭までの鱗の数)は小さいものも含めて5つ。下顎の歯は犬歯状。40cm前後になる。側扁し、幼魚、小型には身体を横に走る黒い帯が目にも通るが成魚では縞模様が消える。頬に鱗があり、Trac(側線から背鰭までの鱗の数)は小さいものも含めて5つ。下顎の歯は犬歯状。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科ヨコシマクロダイ亜科メイチダイ属
    外国名
    Nakedhead
    学名
    Gymnocranius griseus (Temminck and Schlegel, 1844)
    漢字・学名由来
    漢字 目一鯛。
    由来・語源
    東京・大阪での呼び名。
    ■ 痘痕(あばた)の方言、「めいちゃ」、「めっちゃ」の転訛。
    ■ 目が大きいから。
    ■ 目の独特の臭みのある油があり、目を傷つけないように注意が必要だから。実際には目の周辺は美味だ。

    目一鯛目一 頭部に一筋の褐色の帯模様があり、瞳の上下にも続き、瞳の黒とともに目の中を貫(つらぬ)いているようだから。「目に一筋の鯛」という意味。もしくは目が大きいため。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    シルイユ[白魚]
    参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県南城市知念漁協 
    イチミダイ
    場所愛知県 
    タマミ
    場所徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』 
    タマメ
    場所福岡県福岡市中央卸売市場 
    メイチ
    場所徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』 
    メテ
    場所宮崎県日南市目井津漁港 
    イチ イチメ インチョウシルイュー オオメダイ ガブ クスナギ シロウオ タルメ フエフキダイ メイチ メイチャ メダイ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。100mより浅い砂礫・岩礁域。
    千葉県館山〜屋久島の太平洋沿岸、大阪湾、九州北西岸、五島列島、琉球列島。済州島、台湾南部、福建省、香港。海南島、中沙諸島、西沙諸島、西太平洋、オーストラリア。
    生態
    ■ 100メートルよりも浅い沿岸の海底付近に棲息する。
    ■ 産卵期は夏から秋。
    基本情報
    浅い岩礁域にいるフエフキダイ科の魚。相模湾などでは1980年代には珍しい魚だったのが、最近漁獲量が増えてきている。
    美しい白身で、味わいのよさから、徐々に高騰している。とれる量が少ないために知名度がやや低いものの、関東の市場などでは完全に高級魚の仲間入りをしている。
    白身魚が少なくなる夏から秋にかけて味のよくなる魚で、関東にも入荷してくれば高値がつく。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。関東では活魚での入荷が増えている。活魚は高価、活け締めはやや高値。
    漁法 釣り、定置網
    主な産地 神奈川県、三重県、長崎県、大分県、鹿児島県など
    選び方
    目が澄んでいるもの。身体の模様がはっきりして、やや黒ずんでいるもの。悪くなると文様が消え、白っぽくなる。
    味わい
    旬は夏から秋
    鱗は柔らかく取りやすい。皮は厚からず、薄からず。骨は柔らかい。
    血合いがほとんどなく、真っ白な身。熱を通して身離れがいい。
    料理の方向性
    旬を外れると単なるイヤミのない白身で、ポワレやムニエル、煮つけなどに向く。
    夏になると脂がのってきて断然、生食しておいしくなる。刺身のためにある魚なのだと実感する。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    メイチダイの料理法/生食(刺身、カルパッチョ、セビチェほか)、煮る(煮つけ)、蒸す(酒蒸し)、汁(みそ汁、潮汁)、蒸す、ソテー(ムニエル、ポワレ、バター焼き)、焼く(幽庵焼き、塩焼き)
    メイチダイの刺身
    メイチダイの刺身 三枚に下ろして皮を引き、刺身状に切ったもの。ゆでた肝を添えてみた。8月のメイチダイは脂がのっていて、それだけでも甘味がある。身に魚自体のうま味も豊かで言葉にならないほどのうまさ。肝もおいしい。
    メイチダイの煮つけメイチダイの煮つけ 頭部や腹部の身を湯に通して、冷水に落とす。これを薄口しょうゆ(濃い口でも可)、みりん、酒であっさりと煮たもの。煮ても硬く締まらず、身離れがとてもいい。皮も美味。煮つけとして食べたら骨湯(「医者殺し」とも。食べ後の骨や煮汁に熱湯をそそぎ汁にする)にするとこれもまたおいしい。
    メイチダイの酒蒸しメイチダイの酒蒸し メイチダイの切り身を水拭きした昆布にのせて、酒を振り強火で蒸し上げたもの。蒸すことでうま味が凝縮して、甘味うま味も増す。上品な白身のおいしさを堪能できる。キノコや野菜も一緒に蒸し、ポン酢か柑橘しょうゆで食べると美味。
    メイチダイの潮汁メイチダイの潮汁 あら、腹腔膜とその周りの脂身、刺身の切り落としなどを湯引き、冷水に落として水分をよく取る。これを昆布だしで煮だして、酒、塩で味つけ。薬味はねぎと柑橘類。黒コショウがよく合う。実にうま味豊かな汁で、これだけでご馳走である。
    メイチダイのみそ汁メイチダイのみそ汁 メイチダイのあらを一度湯通し、冷水に落として鱗や血液、滑りなどを取る。これを昆布だし(水)で煮だしてみそを溶く。青みは小松菜や水菜、ねぎなどなんでもいい。コーレーグスを添えるといい。ご飯のおかずになる。
    メイチダイのポワレポワレ 切り身に塩コショウして少し置く。フライパンに油(オリーブオイル、太白ごま油など)を多めに入れて弱火でじっくりとソテー。皮目がこんがりソテーし終わったら取り出す。ここにシェリーを加えてデグラッセしてソースにする。
    メイチダイの塩焼きメイチダイの塩焼き 小振りのものは丸のままで、大型は切り身に振り塩をして、1時間以上寝かせる。寝かせる時間は長い方がいい。これをじっくりと焼き上げる。やや淡泊で皮に独特の臭味があるので柑橘類などを添える。バルサミコとオリーブオイルなどをふり食べてもおいしい。
    メイチダイのしょうゆ焼きメイチダイのしょうゆ焼き しょうゆにみりん、酒を合わせて少し煮つめて冷やしておく。ここに山椒などを加えてもいい。メイチダイを素焼きにして、このタレを塗りながら仕上げる。一味唐辛子などを振り食べて美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    磯釣りなどで釣れる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/『さんの』(神奈川県)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「メイチダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ