ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イトフエフキ(Threadfin Emperor)

Scientific Name / Lethrinus genivittatus Valenciennes, 1830

イトフエフキの形態写真

SL 20cm前後になる。体高がなく死ぬとくすんだ色合い。体の前半、背鰭の下に褐色の斑紋があり、背鰭第2棘がいちばん長く、糸状に伸びるが取れやすい。
イトフエフキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 20cm前後になる。体高がなく死ぬとくすんだ色合い。体の前半、背鰭の下に褐色の斑紋があり、背鰭第2棘がいちばん長く、糸状に伸びるが取れやすい。体の前半、背鰭の下に褐色の斑紋があり、背鰭第2棘がいちばん長く、糸状に伸びるが取れやすい。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    動物門硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ属
    外国名
    Threadfin Emperor
    学名
    Lethrinus genivittatus Valenciennes, 1830
    漢字・学名由来
    漢字 糸笛吹
    由来・語源 体に縦に走る黄色い筋が絹糸を想わせるためか?
    地方名・市場名
    鹿児島県日置市でタバメ。
    イノームルー、シクジロ、タバミ、タバメ、ドキ、ロウグイ。
    生息域
    海水魚。藻場、砂礫域。
    新潟県佐渡〜九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、伊豆諸島、千葉県館山〜九州南岸の太平洋沿岸、種子島、琉球列島。済州島、台湾北部・南部、広西省北海、東インド-西太平洋、カロリン諸島。
    生態
    基本情報
    関東などでもまれにとれる。市場にも入荷してくるが、フエフキダイ科では小型なのでほとんど認知されない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では雑魚として評価されない。ほとんど流通しない。
    漁法 定置網
    産地 神奈川県など南日本各地
    選び方
    体色が濃く目が澄んでいるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は晩春〜初夏ではないか?
    鱗は薄いがやや硬く取りやすい
    白身で透明感があるが少し水っぽく身は脆弱。
    臭みはないが身が少々水っぽい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    イトフエフキの料理法/生食(焼霜造り、セビチェ、刺身)、焼く(塩焼き、つけ焼き、幽庵焼き)、煮る(煮つけ)、ソテー(バター焼き)、揚げる(フライ、唐揚げ)、汁(みそ汁)









    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「イトフエフキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ