ノコギリダイ(金帶齒頜鯛、黃點鯛、龍占舅、龍占 英名/Striped large-eye bream,Gold-lined sea-beam)

Scientific Name / Gnathodentex aureolineatus (Lacepède, 1802)

ノコギリダイの形態写真

20cm SL 前後になる。側扁(左右に平たく)、目が大きい。目の後ろで方の部分が盛り上がる。背中は黄土色で白く細い帯が縦に走る。腹側は白く、黄土色の筋が縦に走る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科ノコギリダイ属
    外国名
    金帶齒頜鯛、黃點鯛、龍占舅、龍占 英名/Striped large-eye bream,Gold-lined sea-beam
    学名
    Gnathodentex aureolineatus (Lacepède, 1802)
    漢字・学名由来
    漢字 鋸鯛
    由来・語源 『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1936、第二版1943)ではメイチダイ科ノコギリダヒ属ノコギリダヒ。新称とあるので、岡田彌一郎、松原喜代松の命名か。主鰓蓋骨に鋸歯状の隆起があるためではないかと思う。
    Lacepède
    Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。
    地方名・市場名 [?]
    トゲ メダマ
    参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 場所東京都小笠原 
    ミッフサビ
    場所沖縄宮古島 
    ムチ・イズ[餅・魚]
    備考粘り気のある食感からムチ・イズ(餅・魚)とよばれている。このように、魚の内臓や肉の質の状態を命名の指標とする場合もある。 場所鳩間島(沖縄県八重山郡竹富町)(高橋そよ) 
    ムチグヮー
    場所沖縄本島、八重山 
    ムチヌイユ
    場所沖縄県 
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域・サンゴ礁域。
    小笠原諸島、男女群島、屋久島、琉球列島、南大東島。八丈島、火山列島、茨城県、伊豆半島東岸、三重県紀伊長島、和歌山県串本、高知県柏島、愛媛県室手。台湾南部、東沙群島、西沙群島、南沙群島、インド-太平洋域。
    生態
    基本情報
    基本的に琉球列島の食用魚。
    琉球列島では安くて、小型でくせのない白身なので、典型的な総菜魚だ。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では一定の評価はない。沖縄県でもあまり高くはない。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県、小笠原
    選び方
    鰭や唇の赤が鮮やかなもの。筋がはっきりしているもの。触って硬いもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は硬いが取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    白身で熱を通すとやや硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ノコギリダイの料理法・調理法・食べ方/ソテー(バター焼き)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)、生食(刺身)、焼く(塩焼き)

    ノコギリダイのバター焼き 水洗いして塩コショウして多めの油でソテーする。火が通ったらマーガリン(バターでも)で風味づけする。皮目は香ばしく、身はほどよく締まり、うま味がある。しょうゆをたらすとご飯に合う。沖縄県ではおかずである。

    ノコギリダイの煮つけ 水洗いして、湯通しして冷水に落とす。残った鱗やぬめりを流して、水分をよくきる。これを酒・醤油・水で煮る。みりん、砂糖などで甘味をつけてもいい。旬がよくわからないが、8月の固体はやや身が硬く締まりすぎであった。ただし嫌みのない味わいで美味。
    ノコギリダイの唐揚げ 素揚げにするべきか、唐揚げにするべきか悩んだが、皮が柔らかいので、唐揚げにしてみた。水洗いして水分をよくきり、片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げする。骨まで食べ尽くすことができ、身の甘味とうま味もある美味。
    ノコギリダイの刺身 関東ではめったに刺身で食べられる固体は来ない。少ない個体数しか食べてはいない。水洗いして皮を引き、刺身状に切る。食感こそ強くないものの、ほんのり呈味成分からくる甘味があり、柔らかく美味である。
    ノコギリダイの塩焼き 水洗いをして水分をよくとり、振り塩。1時間程度寝かせる。これをじっくり焼き上げる。熱を通すと皮が強く縮み、筋肉も縮む。ややパサつく感じはするものの、味は悪くはない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『沖縄県、八重山地方における生態と世界観に関する文化人類学的研究』(山田貴子 京都大学図書館)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
  • 主食材として「ノコギリダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ