ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ホオアカクチビ(Variegated emperor)

Scientific Name / Lethrinus rubrioperculatus Sato,1978

ホオアカクチビの形態写真

SL (体長)40cmを超える。細長い。前鰓蓋骨・頭部・胸鰭に赤い斑紋がない。鰓蓋骨に赤い斑紋がある。胸鰭裏側起部に鱗がない。
ホオアカクチビの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL (体長)40cmを超える。細長い。前鰓蓋骨・頭部・胸鰭に赤い斑紋がない。鰓蓋骨に赤い斑紋がある。胸鰭裏側起部に鱗がない。SL (体長)40cmを超える。細長い。前鰓蓋骨・頭部・胸鰭に赤い斑紋がない。鰓蓋骨に赤い斑紋がある。胸鰭裏側起部に鱗がない。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ属
    外国名
    Variegated emperor
    学名
    Lethrinus rubrioperculatus Sato,1978
    漢字・学名由来
    漢字 頬赤口美(?)
    由来・語源 「くちび」はフエフキダイ、ハマフエフキなどの和歌山県での呼び名。フエフキダイの仲間で頬に赤い斑文があるため。
    地方名・市場名
    ウムナガー(面長)/沖縄県南城市知念漁協
    ショナクチ/東京都小笠原
    ■沖縄ではオームルー、ムルー。
    生息域
    海水魚。
    八丈島、小笠原諸島、屋久島、琉球列島。
    少ないが和歌山県、愛媛県。
    台湾南部・東部、インド〜西太平洋域。
    生態
    基本情報
    主に鹿児島県諸島部、沖縄県、小笠原などで食用となっている。沖縄などの食用魚は1種ごとの漁獲量は少なく多彩であるので、他のフエフキダイ属と区別されていない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では入荷が希。値段は安い。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県、東京都小笠原諸島
    選び方
    触って張りのあるもので、鰓蓋後方の赤い斑文が鮮やかなもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗はやや硬く取りにくい。皮は厚く丈夫。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いが弱い、頭部などからいいだしが出る。

    切り身 白身で血合いが弱い。皮は厚みがあり、熱を通すと強く縮む。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ホオアカクチビの料理法/煮る(煮つけ、まーす煮)、ソテー(バター焼き、ムニエル)、揚げる(唐揚げ、フライ)、生食(霜皮造り、焼霜造り)、焼く(塩焼き)

    沖縄の郷土料理バター焼き
    ホオアカクチビのバター焼き バター焼きは小麦粉をまぶさずに丸のまま、切り身を塩コショウしてソテーする。フィレにして塩コショウ。少し寝かせて多めの油でこんがりソテー。仕上げにバター(マーガリン)で風味づけをする。仕上げにしょうゆをたらすとご飯に合う。

    オームルーのフライホオアカクチビのフライ 三枚に下ろして皮をつけたままでも、引いてもどちらでもいい。塩コショウして小麦粉をまぶし卵をまぶしてパン粉をつけて上げる。少し硬く締まるが、こんがり香ばしく中はしっとりと揚がってとてもうまい。
    ウムナガーの焼霜造りホオアカクチビの焼霜造り 皮をバーバーであぶって切りつけたもの。単に刺身にすると彩りに欠けてあまりうまそうに思えない。見た目からしても皮下のうま味が生かせることからも、皮霜造り、焼霜造りがいい。
    ホオアカクチビの塩焼き 三枚に下ろして切り身にして振り塩をして半日ほど寝かせる。これを焼き上げる。皮目に微かに磯臭みがあるので、仕上げに酒を塗りながら焼いてもいい。そのまま食べてもいいが、オリーブオイルなどをたらして食べると一際うまくなる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄魚図鑑』(悦秀満 沖縄マリン出版)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「ホオアカクチビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ