アマクチビ(Orange-spotted emperor)

Scientific Name / Lethrinus erythracanthus Valenciennes, 1830

アマクチビの形態写真

SL 60cm前後(写真はSL50cm).頬に鱗がない。胸鰭起部内側(脇の下)に鱗がある。体側に斑紋がなく尾鰭両葉は丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ属
    外国名
    Orange-spotted emperor
    学名
    Lethrinus erythracanthus Valenciennes, 1830
    漢字・学名由来
    漢字/甘口美
    由来・語源/不明
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。
    地方名・市場名 [?]
    ヤキー
    場所沖縄県石垣島・本島 
    ヤキータマン
    場所沖縄県八重山 
    ヤケイ
    場所沖縄県宮古 
    生息域
    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    沖縄県。
    台湾南部、東沙諸島、南沙諸島、香港、インド-西太平洋、サモア諸島、ソサエティ諸島、ツアモツ諸島。
    生態
    基本情報
    大型のフエフキダイ科ではあるが沖縄県のみに生息し、食用とされている。
    水産基本情報
    市場での評価/不明
    漁法/刺突漁、刺し網
    産地/沖縄県
    選び方
    赤など体色の濃いもの。鰓が赤く、張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は非常に硬く取りにくい。皮は厚く強い。骨はやや硬い。
    透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    アマクチビの料理法/煮る(煮つけ、まーす煮)、汁(みそ汁、潮汁)、生食(皮霜造り、刺身)、ソテー(バター焼き)、揚げる(天ぷら、唐揚げ)、焼く(酒塩焼き)
    ヤキータマンの煮つけ
    アマクチビの煮つけ ヤキーの塩煮アマクチビのまーす煮
    ヤケイの魚汁アマクチビの魚汁(さかなしる)
    ヤキーの潮汁アマクチビの潮汁
    ヤキーの皮霜造りアマクチビの皮霜造り
    ヤケイの刺身アマクチビの刺身
    ヤキータマンのバター焼きアマクチビのバター焼き
    ヤケーの天ぷらアマクチビの天ぷら
    ヤキーの天ぷらアマクチビの唐揚げ
    ヤキーの酒塩焼きアマクチビの酒塩焼き
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「アマクチビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ