シモフリフエフキ(Pink ear emperor)

Scientific Name / Lethrinus lentjan(Lacepède)

シモフリフエフキの形態写真

SL 45cm近くになる。鯛型で背中に霜降状の白い斑点がある。鰓蓋骨の後方(縁)、胸鰭の根元は赤い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ亜科フエフキダイ属

    外国名

    Pink ear emperor

    学名

    Lethrinus lentjan(Lacepède)

    漢字・学名由来

    漢字 霜降笛吹
    由来・語源 「フエフキダイ(笛吹鯛)」は静岡県沼津市静浦での呼び名で口の形が口笛を吹いているようだから。「霜降」は背にかけて霜降模様(白い斑点)が散らばるから。

    地方名・市場名

    シルダマン
    場所沖縄本島 
    タマン タマビ
    場所宮古 
    タマン
    場所八重山 

    生息域

    海水魚。100よりも浅い砂礫底。
    小笠原諸島、沖縄諸島以南の琉球列島。台湾、香港、海南島、東沙諸島、南沙諸島、タイランド湾、インド-西太平洋、ミクロネシア。

    生態

    基本情報

    沖縄では比較的安くて美味しい魚。
    ただしフエフキダイの種類は多く、種別に認識されているかどうかは不明。
    魚汁(みそ汁)、バター焼きなどにして好んで食べられている。

    水産基本情報

    市場での評価 沖縄では比較的入荷量の多い魚のひとつ。安い。
    漁法 刺し網、釣り、定置網など
    産地 沖縄県

    選び方

    触って張りのあるもの。鰓蓋骨の後方の赤い色合いが鮮やかなこと。

    味わい

    旬は不明。
    鱗はあまり強くなく取りやすい。皮は普通。骨はあまり硬くはない。
    透明感のある白身。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 汁、バター焼き、刺身
    汁◆あらやぶつ切りにした身を水から煮て、みそを溶く、沖縄県の郷土料理「魚汁(いよしる)」にすると実に美味。
    バター焼き◆やや淡泊な味わいなので、バターなどでソテーすると味がぐっとよくなる。ご飯のおかずにも向いている。
    刺身◆皮にうま味がある。沖縄風に皮霜造り(皮にお湯をかける)にして実に味がいい。
    シモフリフエフキのバター焼きバター焼き◆やや淡泊な味わいなので、バターなどでソテーすると味がぐっとよくなる。ご飯のおかずにも向いている。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「シモフリフエフキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ