ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アマミフエフキ(Trumpet emperor)

Scientific Name / Lethrinus miniatus (Forster, 1801)

アマミフエフキの形態写真

SL75cm前後になる。ほおに鱗がない。胸鰭基部の内側に鱗がある。鱗に暗色斑があり、腹鰭は暗色、第3背鰭棘は長い。
アマミフエフキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL75cm前後になる。ほおに鱗がない。胸鰭基部の内側に鱗がある。鱗に暗色斑があり、腹鰭は暗色、第3背鰭棘は長い。ほおに鱗がない。鱗に暗色斑がある。胸鰭基部の内側に鱗がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物門硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ属
    外国名
    Trumpet emperor
    学名
    Lethrinus miniatus (Forster, 1801)
    漢字・学名由来
    漢字 奄美笛吹
    由来・語源 奄美大島との関わりから。
    地方名・市場名
    沖縄本島でヤキー、宮古でナガウツマーユ、八重山でヤキータマン。
    生息域
    海水魚。100メートルよりも浅い砂礫地、岩礁域、サンゴ礁域。
    小笠原諸島、奄美大島以南の琉球列島。
    フィリピン初冬、オーストラリア北岸、ニューカレドニア。
    生態
    基本情報
    国内では小笠原諸島、琉球列島で食用となっている。小笠原では他のフエフキダイ属と一緒に「くちみだい」、沖縄では「やきーたまん」でともに白身魚として重要なもののひとつ。
    フエフキダイ科でも比較的大きくなり、クセのない白身で料理法を選ばないところも魅力的だと思う。
    水産基本情報
    市場での評価/東京都にも小笠原から入荷をみる。やや高値。
    漁法/釣り、刺突漁
    産地/東京都小笠原、沖縄県
    選び方
    外見では鮮度がわかりにくい。鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は不明。産卵期は晩春から初夏だと思うので、産卵後以外はいいと思う。
    鱗は硬いが取りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方







    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「アマミフエフキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ