ナガテングハギモドキ(Slender unicornfish 洛氏鼻魚、剝皮仔、打鐵婆、鬼角)

Scientific Name / Naso lopezi Herre, 1927

ナガテングハギモドキの形態写真

45cm SL 前後になる。尾柄部に動かない2個の板状骨がある。体高が低く体長が著しく長い。
ナガテングハギモドキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
45cm SL 前後になる。尾柄部に動かない2個の板状骨がある。体高が低く体長が著しく長い。45cm SL 前後になる。尾柄部に動かない2個の板状骨がある。体高が低く体長が著しく長い。45cm SL 前後になる。尾柄部に動かない2個の板状骨がある。体高が低く体長が著しく長い。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科テングハギ属
    外国名
    Slender unicornfish 洛氏鼻魚、剝皮仔、打鐵婆、鬼角
    学名
    Naso lopezi Herre, 1927
    漢字・学名由来
    漢字 長天狗剥擬 Nagatenguhagimodoki
    由来・語源/沖縄からの固体をもとに益田一ほかが提唱。テングハギ属で角状突起のない種、テングハギモドキと似ていて体が著しく長いため。1975年の時点で沖縄本島以南とある。『魚類図鑑 南日本の沿岸魚』(益田一、荒賀忠一、吉野哲夫 東海大学出版会 1975)
    テングハギモドキ テングハギモドキ Naso hexacanthus (Bleeker, 1855)はたぶん、標準和名のついた1938年以前は国内でとれるのは稚魚幼魚が多かった。幼魚のときテングハギと非常に似ていて角状突起はない。成長するとテングハギは角状突起が伸びるが、テングハギモドキは伸びない。このことからテングハギに似て、別種となった。
    地方名・市場名 [?]
    ヒレーカー
    場所沖縄県南城市知念漁協 備考トサカハギと同じ呼び名。 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    生息域
    海水生。サンゴ礁。
    小笠原諸島、新潟県・千葉県外房以南屋久島、琉球列島。[相模湾実の宮沖]、台湾南部、アンダマン海、西太平洋。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい

    身質 頭部が小さく、内臓が小さいので歩留まりがいい。カワハギ類に近い白身で血合いが赤い。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/山崎哲也さん(神奈川県)
    『魚類図鑑 南日本の沿岸魚』(益田一、荒賀忠一、吉野哲夫 東海大学出版会 1975)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、台湾魚類資料庫
  • 主食材として「ナガテングハギモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ