ゴマハギ(Twotone tang)

Scientific Name / Zebrasoma scopas (Cuvier, 1829)

ゴマハギの形態写真

SL 15cm前後になる。体高があり吻がとがる。背鰭・尻鰭が長い。体表にごま粒状のイボがあり、体側後半のところに毛がふさふさした部分がある。体色は暗色か褐色。
ゴマハギの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 15cm前後になる。体高があり吻がとがる。背鰭・尻鰭が長い。体表にごま粒状のイボがあり、体側後半のところに毛がふさふさした部分がある。体色は暗色か褐色。SL 15cm前後になる。体高があり吻がとがる。背鰭・尻鰭が長い。体表にごま粒状のイボがあり、体側後半のところに毛がふさふさした部分がある。体色は暗色か褐色。体側後半のところに毛がふさふさした部分がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科ヒレナガハギ属
    外国名
    Twotone tang
    学名
    Zebrasoma scopas (Cuvier, 1829)
    漢字・学名由来
    漢字/胡麻剥

    由来・語源 体表にゴマ状のブツブツがあるため。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名 [?]
    クスケー
    備考小型のニザダイ科の総称。 場所沖縄県石垣市(河) 
    トカザー
    備考ヒレナガハギなど小型のニザダイ科の呼び名。 場所沖縄県沖縄本島 
    生息域
    海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
    八丈島、小笠原諸島、高知県柏島、屋久島、琉球列島、尖閣列島。
    台湾南部、東沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋(紅海・ハワイ諸島・ジョンストン島・ウェイク島・マーシャル諸島、マルケサス諸島をのぞく)。
    幼魚/静岡県富戸、和歌山県串本
    生態
    サンゴ礁で糸状藻類(植食性)などを食べている。
    基本情報
    熱帯・亜熱帯域のサンゴ礁などに見られる小型の魚。生きている状態では美しいのでダイビングなどでは人気がある。食用としてはほとんど利用されていない。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    漁法/
    産地/
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ゴマハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ