ニジハギ(Lined surgeonfish 線紋刺尾鯛、紋倒吊、彩虹倒吊、花倒吊(臺東)、番倒吊(澎湖)、老娘(澎湖)、縱帶刺尾魚)

Scientific Name / Acanthurus lineatus (Linnaeus, 1758)

ニジハギの形態写真

SL 29cm前後。体側に数本の黒、黄、青の縦縞がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科クロハギ属

    外国名

    Lined surgeonfish 線紋刺尾鯛、紋倒吊、彩虹倒吊、花倒吊(臺東)、番倒吊(澎湖)、老娘(澎湖)、縱帶刺尾魚

    学名

    Acanthurus lineatus (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字/虹剥 Nijihagi
    由来・語源/色合いから。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)に新称とある。松原喜代松が沖縄で採取とあるので、自身の命名ではないかと思う。

    地方名・市場名

    クスケー
    場所沖縄県石垣島 
    シーメークスクー チャムー
    場所沖縄県南城市知念漁協 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 

    生息域

    海水生。サンゴ礁。
    八丈島、小笠原諸島、硫黄島、南硫黄島、沖ノ鳥島、相模湾、伊豆半島東岸・西岸、和歌山県串本、男女群島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島、インド-太平洋(後悔・ピトケアン諸島以東を除く)
    幼魚/高知県柏島、長崎県野母崎

    生態

    基本情報

    主に琉球列島で水揚げされる。主要な食用魚ではなく安くて雑な扱われ方をしている。
    琉球列島以南では普通の食用魚で、しばしばバザールなどにも並んでいる。
    ニジハギはときにシガテラ毒を持つこともある。食べるときは自己責任で。

    水産基本情報

    市場での評価/沖縄県では普通の食用魚。安い。
    漁法/定置網、潜水漁
    産地/沖縄県

    選び方

    触って張りのあるもの。色鮮やかで退色していないもの。

    味わい

    旬は不明。
    2個体下ろした限りでは比較的臭みは少ない。
    鱗は小さく取りやすい。皮は厚みがあり強い。骨は柔らかい。
    白身魚で熱を通すと縮む。
    ニジハギはときにシガテラ毒を持つこともある。食べるときは自己責任で。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ニジハギの料理法・レシピ・食べ方/煮る(まーす煮)、ソテー(バター焼き)、揚げる(唐揚げ)
    ニジハギはときにシガテラ毒を持つこともある。食べるときは自己責任で。

    ニジハギのまーす煮 ちょうど大皿に乗る大きさなので、ビタロウ(ノコギリダイなど)と同じように、塩水で煮る。沖縄の郷土料理「まーす煮」だ。水洗いして水分をよくきる。これを鍋に入れて強めの塩水で豆腐と一緒に煮る。水が少なくなるくらいに煮て皿に盛る。魚は適度にしまり、身離れがいい。また一緒に煮た豆腐は絶品である。

    ニジハギのバター焼き 水洗いして水分をよくきり、塩コショウする。これを多めの油でじっくりとソテーし、仕上げにマーガリン(バター)で風味づけする。ソテーすると強く縮み硬くて食べにくい。これは時季によるのかも知れない。味はさほど悪くない。
    ニジハギの唐揚げ 半身を唐揚げにしてみた。水分をよくきり、片栗粉をまぶしてじっくり揚げた。揚げたてに振り塩をする。さくっと味は悪くはないものの平凡な味だ。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ニジハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ