テングハギ(Bluespine unicornfish 仏/Nason à éperons bleus スペイン語/Berbero de aguijon azul 單角鼻魚 )

Scientific Name / Naso unicornis (Forsskål, 1775)

テングハギの形態写真

体長60cm前後になる。前頭部に角状の突起があるが、それほど長くはない。尾柄部の板状の骨盤は青い。
テングハギの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長60cm前後になる。前頭部に角状の突起があるが、それほど長くはない。尾柄部の板状の骨盤は青い。体長60cm前後になる。前頭部に角状の突起があるが、それほど長くはない。尾柄部の板状の骨盤は青い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科テングハギ属

    外国名

    Bluespine unicornfish 仏/Nason à éperons bleus スペイン語/Berbero de aguijon azul 單角鼻魚 

    学名

    Naso unicornis (Forsskål, 1775)

    漢字・学名由来

    漢字 天狗剥
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。皮を剥いで料理する「かわはぎ」のひとつで目の前方に天狗の鼻を思わせる突起物がある。
    倉場富三郎の『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)にもテングハギ。
    Forsskål
    ペール・フォルスコール(ペーテル・フォルスコール)。記載は1775年に『諸動物の記載』【DESCRIPTIONES ANIMALIUM』(PETRUS FORSSKÅL,1732-1763 CARSTEN NIEBUHR,1733-1815】。『コペンハーゲンの教授ペーテル・フォルスコールによって東方への旅行中に観察された哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類および下等動物の記載。著者の没後、カールステン・ニーブールによって編纂さる付録として海路の薬用草本〔の目録〕と紅海の地図を付す』。紅海東岸の魚類をミナミヒメジ、バラハタ、オオモンハタ、ナミハタ、ナンヨウツバメウオ、トゲチョウチョウウオ、モンツキクロハギほか。ペール・フォルスコールは1763年マラリアのためにイェリームの町(現イエメン)にて客死。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    青森県下北半島〜九州南岸の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島、日本海各地、屋久島、琉球列島、尖閣諸島、南大東島。
    朝鮮半島南岸、台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋。

    生態

    基本情報

    生息域は北に広がっているものの、基本的にはサンゴ礁などにいる熱帯系の魚だ。
    大型になり、味もいいので「ちぬまん」は沖縄県では重要な食用魚。
    スーパーなどにも並び、日常的な魚でもある。

    水産基本情報

    市場での評価 関東などにも稀に入荷してくる。比較的安い。主に鹿児島県、沖縄では人気の食用魚でやや高値。
    漁法 定置網、刺突漁
    産地 沖縄県

    選び方

    味わい

    旬は秋から春
    皮は革状で非常に丈夫で表面がざらざらしている。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いは弱い。熱を通しても硬く締まらない。
    ニザダイなどと比べて臭味がない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    テングハギの料理法・レシピ・食べ方/生食(刺身、セビチェ、ポキ)、煮る(煮つけ、しゃぶしゃぶ)、揚げる(素揚げ)、焼く(素焼き、塩焼き)、汁(みそ汁)

    テングハギの刺身 比較的水温の下がる時期には皮下に厚みのある脂の層ができ、身にも混在して白濁する。この脂の口溶け感がいい。甘いと感じるほどだ。食感もよく、魚らしいうまさもある。ウミンチュが好むわけだ。

    テングハギのポキ(ポケ) ポキ(ポケ)はもともとはハワイの料理で、生魚もマリネといったもの。これが熱帯太平洋に広がっている。身を小さく切り、トマト、ねぎなどの野菜と和える。これをチリソース、しょうゆ、ごま油で味付けする。味つけも野菜なども自由にするといいかも。

    テングハギの兜煮(煮つけ) ここでは頭部を使ったが、どこを使ってもかまわない。この場合、分厚い皮は剥いた方が食べやすいと思う。ここでは湯通しして冷水に落としてぬめりを流す。これを酒・みりん・しょうゆ・水で煮た。みりん、砂糖などの甘味を加えなくてもいい。身は煮ても硬く締まらず甘味があって非常に美味。

    テングハギの素揚げ 皮つき、骨つきのまま素揚げにしたもの。揚げたてに塩を振ってもいいし、そのままでもいい。皮は揚げても硬く食べにくい。身は表面はかりっとなかはジューシーに揚げる。振り塩をしないでしょうゆで食べるとご飯にも合う。
    テングハギのバター焼き ここでは皮を剥いだが、そのままでもいい。塩コショウして多めの油でじっくり時間をかけてソテーする。身は適度にしまり、表面が香ばしい。中がしっとりと柔らかく、ほどよい甘味が感じられる。
    テングハギの塩焼き(素焼き) 切身に振り塩をしてもいいし、素焼きにしてもいい。身側から火を通し、皮側で焼き上げるといいかも。表面の香ばしさに対して中はとてもジューシーで柔らかい。ほどよく繊維質で口に入れるとほろほろと崩れていく。
    テングハギのしゃぶしゃぶ 三枚に下ろして皮を引き、刺身状に切る。これを昆布だしの中でしゃぶしゃぶしながら、好みの熱の通し加減で食べる。熱を通すと身はほろほろと舌の上でくずれて甘味が感じられる。とても美味。
    テングハギのみそ汁 ここではあらを使ったが、腸管や腹腔膜なども使うとより濃厚な味わいになる。あらなどは一度湯通しして冷水に落としぬめりなどを流す。これを水から煮出してみそを溶く。非常にうま味豊か。ご飯にも合う。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)

    地方名・市場名

    オキカリチヌ
    場所東京都伊豆諸島・小笠原など 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    オキブリチヌ
    場所東京都八丈島 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    ツヌマン
    場所沖縄 参考『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972) 
    ティルアニ
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    チニマル
    場所沖縄県南城市知念漁協(美) 参考文献より。 
    チヌマン
    場所沖縄本島、八重山 参考文献より。 
    マブユ ジュジュマスイ
    場所沖縄宮古 
  • 主食材として「テングハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ