トサカハギ(Bulbnose unicornfish)

Scientific Name / Naso tonganus (Valenciennes, 1835)

トサカハギの形態写真

SL 60cm前後になる。体の背の部分は隆起し、前頭部は角状に伸びず、左右に平たく前方に膨らむ(成長にともない前方への膨らみは大きくなる)。尾柄部に2つの板状の棘がある。[SL46cm]
トサカハギの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 60cm前後になる。体の背の部分は隆起し、前頭部は角状に伸びず、左右に平たく前方に膨らむ(成長にともない前方への膨らみは大きくなる)。尾柄部に2つの板状の棘がある。[SL46cm]SL 60cm前後になる。体の背の部分は隆起し、前頭部は角状に伸びず、左右に平たく前方に膨らむ(成長にともない前方への膨らみは大きくなる)。尾柄部に2つの板状の棘がある。[SL46cm]SL 60cm前後になる。体の背の部分は隆起し、前頭部は角状に伸びず、左右に平たく前方に膨らむ(成長にともない前方への膨らみは大きくなる)。尾柄部に2つの板状の棘がある。[SL42cm]SL 60cm前後になる。体の背の部分は隆起し、前頭部は角状に伸びず、左右に平たく前方に膨らむ(成長にともない前方への膨らみは大きくなる)。尾柄部に2つの板状の棘がある。[SL42cm]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科テングハギ属
    外国名
    Bulbnose unicornfish
    学名
    Naso tonganus (Valenciennes, 1835)
    漢字・学名由来
    漢字/鶏冠剥
    由来・語源/背鰭前方部分が鶏冠のようであるためか、もしくは全体の雰囲気なのか。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。
    地方名・市場名 [?]
    ナガウタイマスイ
    場所沖縄県宮古 
    ヒレーカー
    参考20190801・『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 場所沖縄県石垣市・南城市知念 
    生息域
    海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
    北硫黄島、南硫黄島、和歌山県白浜、琉球列島、南大東島。
    台湾南部、インド-西太平洋、ミクロネシア、サモア諸島。
    生態
    基本情報
    沖縄県だけではなく、西太平洋熱帯域でもテングハギの仲間は重要な食用魚だ。本種の場合、テングハギと比べると少ないものの、沖縄県では地域での呼び名も確立していて認知度も低くはないようだ。
    水産基本情報
    市場での評価/沖縄本島では希に入荷する。安い。
    漁法/刺突漁
    産地/沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗はザラザラしてサンドペーパーのよう。剥ぎ取るしかない。骨はあまり硬くない。
    血合いが赤く、上質の白身。熱を通すとふんわりとして柔らかい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方


    トサカハギの素揚げ 沖縄県、また熱帯域全域では粉を使わず、そのまま揚げることが多い。本種の場合、硬い皮をそのまま素揚げにするといい。身は表面が香ばしく揚がり、皮に近い部分はしっとりとして柔らかい。この対比がいいのだ。皮目からエキス分が染み出るくらいにジューシーなのも魅力。

    トサカハギの塩煮(まーす煮)
    トサカハギのバター焼き
    トサカハギのみそ汁
    トサカハギの刺身
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「トサカハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ