ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

レイシガイ

Scientific Name / Thais (Reishia) bronni (Dunker,1860)

レイシガイの形態写真

SL 60mm前後。螺肋と螺肋の間は広い。結節は球状と円錐形の2型がある。
レイシガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 60mm前後。螺肋と螺肋の間は広い。結節は球状と円錐形の2型がある。SL 60mm前後。螺肋と螺肋の間は広い。結節は球状と円錐形の2型がある。SL 60mm前後。螺肋と螺肋の間は広い。結節は球状と円錐形の2型がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アッキガイ上科アッキガイ科レイシガイ亜科レイシガイ属
    外国名
    学名
    Thais (Reishia) bronni (Dunker,1860)
    漢字・学名由来
    漢字 茘枝貝
    由来・語源 『丹敷能浦裏』より。
    ■ ニガウリ(ゴーヤ)をツルレイシ(蔓茘枝)といい。疣状の突起が多いことなど外見が似ているので、レイシとなった。
    ■ レイシ(ライチー ムクロジ科の果実)に似ているため。
    タバコニシ/島根県益田市、大分県姫島
    ニシダマ/神奈川県羽山町
    地方名・市場名
    秋田県男鹿でニシガイ、ニシコッケ、ニガツブ。
    山形県酒田市、鶴岡市でニシゲ、ニシガイ(にし貝)。
    三重県でニシ。
    単に巻き貝に苦い、いがらっぽい、辛いなどの意味合いがつくことが多い。
    アカニシ、イカチ、イガラニシ、イワカタ、イワテコ、オキタニシ、オキニシ、オトコツブ、カライカライダマ、カライソモノ、カライソモン、カライボ、カライポーポ、カライポッポ、カラカラダマ、カラシタダマ、カラシダマ、カラシタダメ、カラシダメ、カラタマ、カラダマ、カラダメ、カラツブ、カラニシ、カラベイボ、カレイタマ、カレエタマ、カレイカレイ、カレエノ、カレエボ、カライポッポ、カレエタマ、コシュミナ、コショウミナ、シオカラ、シロニシ、タバコガイ、タバコゴナ、タバコスイ、タバコツブ、タバコニイナ、タバコニシ、タバコニナ、タバコブキ、タバコブケ、タマ、トウガラシニシ、トンガラシベーボ、ナンバンガイ、ニーナ、ニガキャンコ、ニガダマ、ニガダメ、ニガツブ、ニガツボ、ニガニシ、ニガミナ、ニガモウ、ニガモウバ、ニガリダマ、ニガンダマ、ニゲミナ、ニゲモッコー、ニシイ、ニシカイ、ニシガイ、ニシグイ、ニシグリ、ニシコ、ニシコウ、ニシッコ、ニシツブ、ニシミナ、ニシンゴロウ、ニシンボー、パッチリ、フクンジョ、ホウジョウ、ポーポー、ポーポーガイ、ポーポーゲエ、ポーポンケエ、ポッポ、マツカサツボ、マツバダメ、マンタカニシ、ヨリアイニシ、ヨリアイニシン、ヨリニシ。
    生息域
    海水生。潮間帯〜潮下帯の岩礁域。
    北海道南部以南の太平洋沿岸、男鹿半島以南。
    生態
    基本情報
    非常に地域性の高い食用貝。磯で簡単に取れるので磯遊びや春の節句のときにとるものであったと思われる。今現在も流通してよく食べられているのは、山形県庄内地方の酒田市と鶴岡市、大分県など。
    夏になるととれるもので、みそ汁や塩ゆで、しょうゆ味で甘辛く煮つける。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には非常に希に入荷してくる。比較的安い。
    漁法 採取
    産地 山形県、大分県
    選び方
    原則的に生きているもので、軟体部がよく動くもの。
    味わい
    旬は春から夏
    貝殻は比較的強く厚い。軟体は足の部分が少なく内臓が多い。
    内臓にはほんの少しぴりっと感じる部分がある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    レイシガイの料理法/煮る(塩煮、しょうゆ煮)、揚げる(天ぷら)
    ニナの塩ゆで
    レイシガイの塩ゆで 磯などに普通に見られるもの。潮間帯でも上の方なので子どもにも取りやすい。磯遊びなどの折にはこれを海水、もしくは塩水でゆでることが多い。足は弾力があり甘味が強い。内臓には独特の辛みというかぴりっとする感じがある。

    ニシガイのしょうゆ煮レイシガイのしょうゆ煮 よく洗って汚れをとり、静かに水からしょうゆ、酒の味つけで煮たもの。身は取り出しやすく、甘味があって食感も好ましくとてもおいしい。内臓は少しだけ辛いような刺激があるが、これもおいしさの要素だ。
    レイシガイの天ぷら わずらわしいが身を取り出して、かき揚げにするととてもおいしい。野菜は意外にも玉ねぎがあう。煮るとどちらかというと酒の肴だが、こちらはご飯のおかずになる。
    好んで食べる地域・名物料理

    になみそ クボガイ(ニナ)、クマノコガイ(ツベタカ)、イシダタミ(シュウトメニナ)、イソニナ、スガイ(ニゴザ)、レイシ(ニシ)などの磯の巻き貝をゆでて身を取り出し、ひしお(しょうゆのみ)で煮たもの。愛媛県伊方町で作られている。[次郎長寿司 愛媛県八幡浜]
    にしがい(西貝) 山形県庄内地方酒田市、鶴岡市などで「にしがい」は、夏の風物詩。みそ汁や塩ゆで、しょうゆ味で甘辛く煮て食べる。県内が主であるようだが市場流通もし、スーパーなどにも並ぶ。みそ汁はとてもうま味豊かなだしがでて美味。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/日美丸(広島県倉橋島)、伊東英正(鹿児島県南さつま市)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『貝』(波部忠重、奥谷喬司 学習研究社)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『つるおかおうち御膳』(鶴岡市食教育・地産地消推進協議会 鶴岡市)
  • 主食材として「レイシガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ