ヒレガイ

Scientific Name / Ceratostoma burnetti (Adams & Reeve in Reeve, 1849)

代表的な呼び名チョウセンヨウラク

ヒレガイの形態写真

70mm SL 前後になる。縦張肋が約70℃ごとに現れる。
ヒレガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
70mm SL 前後になる。縦張肋が約70℃ごとに現れる。 70mm SL 前後になる。縦張肋が約70℃ごとに現れる。 70mm SL 前後になる。縦張肋が約70℃ごとに現れる。 70mm SL 前後になる。縦張肋が約70℃ごとに現れる。 70mm SL 前後になる。縦張肋が約70℃ごとに現れる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アッキガイ超科アッキガイ科ヨウラクガイ亜科ヒレガイ属

    外国名

    学名

    Ceratostoma burnetti (Adams & Reeve in Reeve, 1849)

    漢字・学名由来

    漢字/鰭貝 Hiregai
    由来・語源/『目八譜』より。貝殻が鰭条に張り出すタイプに対してつけた名。
    目八譜
    1843(天保14)、武蔵石寿が編んだ貝の図譜のひとつ。武蔵石寿は貝類を形態的に類別。1064種を掲載する。現在使われている標準和名の多くが本書からのもの。貝類学的に非常に重要。
    武蔵石寿
    武蔵石寿(むさし・せきじゅ 明和3-万延元年 1766-1861)。450石取りの旗本。本草学、貝類。西洋で生まれて新しい分類学も取り入れようとしていた。『目八譜』(掲載1064種)、『甲介群分品彙』(掲載605種)、『介殻稀品撰』など。現在使われている標準和名の多くがここから来ている。

    地方名・市場名

    マツブ
    場所宮城県気仙沼市唐桑 参考佐藤誠さん 

    生息域

    海水生。岩礁域の潮間帯〜水深20m.
    対馬・房総半島〜千島列島。

    生態

    基本情報

    主に北国の磯に生息している。宮城県気仙沼では食用としていて「まつぶ(真螺)」と呼ぶのはたくさんとれるためかも知れない。
    ヨウラクガイ亜科はレイシガイなどとともに独特のえぐみがある、これが好き嫌いが出るところ。また食用とする地域としない地域の出る理由だと思う。
    このアッキガイ科のえぐみをことのほか好む人がいる。

    水産基本情報

    市場での評価/流通しない。
    漁法/採取
    産地/宮城県、岩手県

    選び方

    原則的に食用としない。

    味わい

    旬は夏ではないかと思う。
    貝殻は硬く重い。軟体は大きくフタは柔らかく撮りにくい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ヒレガイの料理法・調理法・食べ方/食用ではない

    ヒレガイの塩ゆで 足の部分はクリーム色で甘味があり食感もいいが、えぐみがあり、ワタにもっと強いえぐみがある。このえぐみは固体差があり、好き嫌いがでるところだと思う。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/たかのり海産(岩手県上閉伊郡大槌町)
    『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ヒレガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ