サッパ(Japanese sardinella 韓国/밴댕이(baen-daeng-i ペンデンイ))

Scientific Name / Sardinella zunasi (Bleeker, 1854)

代表的な呼び名ママカリ

サッパの形態写真

12cm SL 前後になる。全体に銀色でやや細長い。側扁(左右に平たい)。腹鰭の前後に強い稜鱗がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱真鰭区ニシン・鰾下区ニシン上目ニシン目ニシン亜目ニシン科ニシン亜科サッパ属
    外国名
    Japanese sardinella 韓国/밴댕이(baen-daeng-i ペンデンイ)
    学名
    Sardinella zunasi (Bleeker, 1854)
    漢字・学名由来
    漢字 拶双魚 Sappa
    由来・語源
    東京、神奈川県での呼び名を和名としている。
    コノシロと比べると味がさっぱりしているから。大言海出『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版 p274)
    日本全国の漁村では小舟のことを「さっぱ」と呼んでいる。サッパの語源は「細小魚」もしくは「笹魚」の意味で「笹の葉のような小魚」のこと。『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版 p275)
    Bleeker
    Pieter Bleeker(ピーター・ブリーカー 1819-1878 オランダ)。医師、魚類学者。『東インドオランダ領の魚類図鑑』(Atlas Ichtyologique des Indes Orientales Netherlandaises 1862-1878)。軍医としてバタビア(現インドネシアジャカルタ)に赴任。インド洋、西太平洋の魚を採取。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。内湾の浅い砂泥地。
    北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海。ピーター大帝湾、朝鮮半島南岸、済州島、渤海、紅海、長江河口以北の中国東シナ海、香港、台湾。
    生態
    産卵期は4月から9月。
    基本情報
    国内では北海道から九州まで、中国大陸、朝鮮半島、台湾の内湾に生息する小型の魚。岡山県の「ままかり」は本種のこと。国内だけではなく韓国などでも食用となっている。
    国内で食用とする地域は岡山県、香川県、広島県などで少ない。
    岡山県の料理法は多彩で、素干しなども作られている。
    水産基本情報
    市場での評価 非常にローカルな魚で関東に来ることは非常に希。値段も非常に安い。
    漁法 定置網
    産地 瀬戸内海各地
    選び方
    味わい
    旬は秋から春。
    鱗は体側は取りやすく、キールの部分は取りにくく切り落とした方がいい。皮は薄く弱い。骨はニシン科のなかではやや硬い。
    血合いの目立つ白い身で熱を通すとやや締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    サッパの料理法・調理法・食べ方/焼く(塩焼き、素焼き、焼き漬け)、生食(酢じめ)

    サッパの焼き漬け 二杯酢を作っておく。甘めの三杯酢でもいい。水洗いして頭部を落とす。素焼きにして、焼き上がりを合わせ酢に熱いうちに落としていく。漬け込んだばかりでもおいしいし、数日寝かせてもいい。ニシン科ならではの風味とうま味が十二分に楽しめる。

    サッパの塩焼き 小骨が多いのが難点ではあるが塩焼きは非常にうまい。特に脂ののっているものは、体内から脂が染み出してきて表面が揚げてあるかのようだ。買い求めて軽い塩をしておけば鮮度も保てるので、一週間くらいは楽しめる。
    サッパの酢漬け 水洗いして頭と腹部の部分を切り落とす。やや強めの塩をして1時間以上漬け込み、水洗いする。これを二杯酢か三杯酢に漬け込む。長く漬け込むと骨が柔らかくなり食べやすくなる。
    好んで食べる地域・名物料理
    岡山県、香川県
    焼く 岡山県笠岡市。単に塩焼きにして食べる。もしくは焼いて酢漬けにする。
    はだらのぽんぽん焼き サッパの鱗を取り、焼く。これをしょうゆに少し浸して食べる。福岡県大川市

    ままかりの佃煮 岡山県笠岡市の漁港で売られていたもの。漁師さんが作っているので、普段のおかずでもあるという。かなりしっかりたき上げていて、どうしても小骨は気になるが味はいい。
    加工品・名産品

    디포리(di-po-ri) サッパの煮干しは韓国のだには重要なものらしい。カタクチイワシやツマリエツなどとともに乾物などを売る店には必ず置かれている。
    ママカリの素干し 煮ないで生のまま干したもの。だしにも使えるし、から煎りして酢じょうゆ、大根下ろしなどで食べてもいい。名品だと思う。[久ら志き食品 岡山県倉敷市浅原53-4]
    ままかりの酢漬け 岡山県ではお土産の定番的なもの。岡山県で作られている。頭と尾、内臓を除き漬けたもの。写真のものは瀬戸内海産を使って甘さ控えめだが、非常に甘くて原料に問題のあるものもある。
    釣り情報
    防波堤(波止)からアミコマセのサビキ釣りで狙う。食いが立つと数が釣れる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/荒木三善さん、田賀辰也さん(岡山県矢掛町)
    『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『あいちの水産物 ハンドブック100』(愛知県農林水産課)
    地方名・市場名 [?]
    カワツ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所三重県桑名市伊曽島 
    カツ
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所伊勢湾 
    ガラサエ(ガラザエ)
    参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所大阪府堺市 
    ワジ
    参考『全日本及び周辺地域に於ける魚の地方名』(高木正人 1970) 場所山口県山陽小野田市(旧小野田市) 
    ワチ
    参考『全日本及び周辺地域に於ける魚の地方名』(高木正人 1970) 場所広島県 
    モウカリ
    参考『全日本及び周辺地域に於ける魚の地方名』(高木正人 1970) 場所広島県尾道 
    モモカリ
    参考『全日本及び周辺地域に於ける魚の地方名』(高木正人 1970) 場所広島県広島市 
    モカリ
    参考『全日本及び周辺地域に於ける魚の地方名』(高木正人 1970) 場所広島県旧御調郡 
    キンカ
    場所愛知県蒲郡市 
    サッパ
    参考『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年) 場所東京都、神奈川県三崎・江ノ島、兵庫県福良 
    キンカワ
    場所愛知県 
    ママカリ[飯借]
    備考おかずにしてうまいので隣家にご飯を借りてくるほどだ、という意味合い。 場所岡山県、広島県ほか播磨灘沿岸、瀬戸内海 
    ママカレ(ママカレイ)[飯借]
    備考おかずにしてうまいので隣家にご飯を借りてくるほどだ、という意味合い。 場所京都府、兵庫県、島根県松江 
    ハラカタ
    備考高知市浦戸湾で漁をする永野廣さんに本種のことを尋ねるとハラカタといい、とれる量も少なく利用されていないと言う。 参考永野廣さん(高知市)、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所三重県西部・和歌山県など紀州各地、高知市浦戸湾 
    ハダラ
    場所熊本県上天草市大矢野、福岡県大川市 
    カワゴワ
    備考皮が硬い、胸鰭下のエッヂにそって硬い鱗があるので。 参考『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂) 場所鳥取県米子市 
  • 主食材として「サッパ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ