クロソイ

クロソイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
40cm SL 前後になる。全体に黒く、不定形の斑文が出る。尾鰭は丸く、目の下、涙骨に目立つ3つの棘がある。
眼下縁に棘はない。目の下、涙骨に目立つ3つの棘がある。
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は普通)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
Black rockfish
学名
Sebastes schlegelii Hilgendorf, 1880
漢字・学名由来
漢字 黒曹以 Kurosoi
由来・語源 田中茂穂は北海道の呼び名で「クロゾイ」としている。
ソイの由来・語源 磯魚のこと。「いそいお」が転訛したもの。
小種名の「schlegelii」はヘルマン・シュレーゲルにちなむ。
Hilgendorf
Franz Martin Hilgendorf(フランツ・ヒルゲンドルフ 1839-1904 ドイツ)。動物学者。お雇い外国人教師として来日。第一大学区医学校で日本で初めて博物学の講義を行う。魚類の採取を積極的に行い。魚河岸や江ノ島に通い。函館など日本各地を旅行した。
Schlegel
ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

海水魚。水深50-100mの岩礁域。
北海道全域、青森県〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸、青森県〜千葉県までの太平洋沿岸、瀬戸内海。駿河湾、三重県、土佐湾。
中国河北省・浙江省、朝鮮半島全域。

生態

■ 卵胎生。
■ 交尾期は北海道では10月から1月。出産期は5月下旬から6月。
■ 小型の時には甲殻類や卵、大きくなると魚なども食べる。

基本情報

北海道全域から日本海、瀬戸内海、東北太平洋側で水揚げされている。瀬戸内海や紀伊半島でも揚がる。北海道、東北でよく食べられていて、「北の鯛」などという。ただし北海道ではあまり評価が高いわけではない。この「北の鯛」という言語の出所がわからない。
関東でもお馴染みの魚で入荷量も多い。都内では比較的食堂などでも食べることができる。
カサゴよりも一般的だと思う。

水産基本情報

市場での評価 養殖もされており、関東の市場への入荷は少なくない。値段はやや高め。
漁法 釣り、刺し網
産地 北海道、岩手県、宮城県など
マゾイ類との見分け方 マゾイ(タヌキメバルとキツネメバル)とよく混同されている。色合いなどでわからなければ目の下、涙骨に顕著な棘がない ことで見分けられる。

選び方・食べ方・その他

選び方

身に張りがあり、黒いものは黒く、少ないながら模様のあるものはくっきりしたものを選ぶ。また鰓が鮮紅色のもの。締め方で鮮度落ちの早さは変わるが、落ちやすいもののひとつ。

味わい

旬は冬から春 旬がわかりにくい魚でもあるが寒い時期が味わい深い。
鱗はあまり強くなく取りやすい。皮は厚く強い。骨はやや硬い。
透明感のある白身で血合いはあまりきれいではない。ほどよく繊維質で、身離れがいい。
あらからはいいだしが出る。肝、胃袋、卵巣などは美味。

栄養

寄生虫

リリアトレマ 扁形動物門吸虫綱。Liliatrema skrjabini。クロソイ、シマソイ、エゾメバルなどの筋肉にメタセルカリア幼生が寄生して黒いゴマ状の斑文を作る。見た目が悪いが人体には影響がないリリアトレマの最終宿主は海鳥。
アニサキス 袋形動物門線形動物綱ヘテロケイルス科アニサキス亜科の寄生が認められたことがある。アニサキスの寄生による症状には激症型と緩和型がある。症状は気分が悪くなり、胃腸の痛み、嘔吐、腹部膨満感があるが発熱はない。

食べ方・料理法・作り方

クロソイの料理法・レシピ・食べ方/生食(刺身、焼霜造り、カルパッチョ)、汁(潮汁、みそ汁、鍋)、煮る(煮つけ、まーす煮)、焼く(塩焼き、幽庵焼き)
クロソイの刺身 鮮度落ちが早く、食感もすぐに悪くなるが、近年活け締めしての入荷が多くなっている。これは刺身にもなる。水洗いして三枚に下腹骨を取り、中骨を切り取る(小型は血合い骨を抜く)。これを刺身状に切る。活け締めはほどよい食感があり、うま味成分からくる甘味も豊かだ。
クロソイの焼霜造り(あぶり) 厚みのある皮で比較的強度がある。皮にうま味があるので生かしたいが皮霜造りでは硬いので、焼霜造りにした。水洗いして三枚に下ろし血合い骨・腹骨を取る。皮目をあぶって氷水に落として粗熱を取り、少し皮目を落ち着かせて刺身状に切る。皮と皮の直下に豊かな味わいがある。
クロソイのカルパッチョ 小振りのものや、鮮度はいいものの食感が失われたものを使うといい。三枚に下ろして皮を引き、できるだけ薄く切りつける。皿ににんにくをなすりつけ、オリーブオイル(油はお好みで)、塩を敷き、切身を並べて行く。並べ終わったら上からスプーンなどでとんとんと叩き上からもオリーブオイルと振り塩をする。野菜などはお好みで。
クロソイのあら煮 頭部や中骨、胃袋、肝、卵巣などを集めて置く。湯通しして冷水に落として残ったぬめりや鱗を流す。水分をよくきり、酒・醤油・水で煮つけにしたもの。大振りのあらは実に味わい深い。また肝、卵巣が実にうまい。ご飯に合わせるならみりん、砂糖などで甘味を加えるといい。
クロソイのチゲ(韓国風鍋) 少し淡泊な味わいで、ややインパクトに欠ける味わい。単にちり鍋にしてもまずくはないが、韓国風の鍋にしてより味わい深い。クロソイは適当に切る、湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。これを煮干しだしで煮ながら食べる。カツオ節出しでもいい。唐辛子などで辛味をつけて食べると非常にうまい。
クロソイのみそ汁 あらを集めて置く。湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をきり、水から煮出してみそを溶く。野菜や豆腐と煮てもうまい。あらから実にいいだしが出る。一緒に煮た野菜共々汁ならぬ主菜になる。ご飯に合う。
クロソイの唐揚げ かまや腹の薄い部分などを集めて、片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げする。揚げ上がりに塩コショウする。揚げたては香ばしく、さくっとして身が締まっていて鶏肉のような食感がする。

好んで食べる地域・名物料理

スエの煮つけ 中型のクロソイの煮つけ。三陸ではあっさりした味つけで、白身の味わいを生かしたもの。『六大工(岩手県大槌町)』
北の鯛 上質の白身であり、北海道では人気が高いため。
祝い事 昔、宮城県気仙沼ではマダイがとれなかったので、お食い初めや地鎮祭、上棟式などの祝い事のときに塩焼きにして出された。神事での魚は神主さんに魚種を指定される事がほとんどなので、魚を持ち帰る持ち帰る神主さんの好みが反映されているのかも。主に金山吉次とよばれるユメカサゴ、マタナゴ(ウミタナゴ類)、マツダイなどが使われた。[佐藤誠さん(濱喜/宮城県気仙沼)]

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

ゴト クロガシ[黒ガシ] クロゴト[黒ゴト]
参考林一兵衛さん 場所三重県志摩市大王町 
ワタガシ
サイズ / 時期大型 参考林一兵衛さん 場所三重県志摩市大王町 
クロアタガシ
参考文献 場所三重県熊野 
ガブ ガブリンチョ
場所兵庫県明石市 
クロソイ
参考文献 場所北海道 
クロゾイ
参考文献 場所北海道、富山県魚津 
クロメバル
参考文献 場所和歌山県田辺 
クロスイ
参考文献 場所宮城県塩竃 
ゴマソイ
参考文献 場所宮城県松島 
ハツメ
備考富山県でのメバル類の総称。 参考文献 場所富山県新湊 
モハツメ
参考文献 場所富山県魚津 
タケノコメバル
参考文献 場所山口県下関 
クロハチメ
参考文献 場所新潟県 
モヨ
参考文献 場所東京 
ソイ
参考文献 場所秋田県象潟、島根県 
モブシ
参考文献 場所長崎県大村湾 
ハマオトコ
参考文献 場所青森県むつ市 
スイカラ
参考青森県水産技術センター 場所青森県八戸 
スガラソイコ スイコ
備考幼魚・稚魚ではないか。 参考青森県水産技術センター 場所青森県八戸市 
ワタリゾイ
参考青森県水産技術センター 場所青森県深浦岩崎・鰺ヶ沢・津軽郡茂浦 
モガラス
参考文献 場所青森県陸奥湾 
ネゾイ
参考青森県水産技術センター 場所青森県陸奥湾 
ワガ
参考文献 場所静岡県浜名湖、愛知県熱田 
オコゼ
参考文献 場所高知 
ナガラ ナガラゾイ
場所青森県青森市 
スエ
場所岩手県大槌町 
スイ
場所青森県八戸、岩手県釜石市 
クロカラ
場所秋田県秋田市周辺 
ガヤ
場所秋田県南部にかほ市 
ソイ ドコ
場所山形県鶴岡市由良漁港 
ナガラゾイ クロゾイ
場所北海道 
クロメバル クロボッカ クロボッコ ソエ ヒキ ツヅリ メバル
場所島根県 
キツコオホゴ バドウ
参考文献