テラオボタンエビ

Scientific Name / Pandalus teraoi Kubo, 1937

テラオボタンエビの形態写真

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目コエビ下目タラバエビ科タラバエビ属

    外国名

    学名

    Pandalus teraoi Kubo, 1937

    漢字・学名由来

    漢字 寺尾牡丹海老、寺尾牡丹蝦
    由来・語源 甲殻類学者の寺尾新にちなむ

    地方名・市場名

    シロボタン[白ぼたん]
    場所福島県相馬市原釜港 

    生息域

    海水生。福島県から鹿児島県沖。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    市場での評価 今のところ流通するほどとれているのは福島県原釜で確認したのみ。一定の評価はない
    漁法 底引き網/カニカゴ漁(混獲)

    選び方

    味わい

    生で食べたときの甘さ、旨味の濃さとも一級品。素晴らしい味わいである。
    焼いても美味。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    刺身/塩焼/みそ汁
    テラオボタンエビの刺身刺身 生で食べたときの甘さ、旨味の濃さとも一級品。素晴らしい味わいである。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります過去に福島県相馬市原釜漁港、相模湾長井、駿河湾で見ている。
    原釜ではときどき水揚げがあり、「白ぼたん」の名で取り引きされている。非常に美味なエビであり、まとまれば魅力的である。

    参考文献・協力

    協力/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
  • 主食材として「テラオボタンエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ