ホンホッコクアカエビ(英名/Deepwater prawn,Deepwater shrimp,Pink prawn)

Scientific Name / Pandalus borealis Kroyer, 1838

代表的な呼び名アマエビ

ホンホッコクアカエビの形態写真

体長10センチを超える。生きているときから赤く、殻は柔らかい。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目タラバエビ科タラバエビ属

    外国名

    英名/Deepwater prawn,Deepwater shrimp,Pink prawn

    学名

    Pandalus borealis Kroyer, 1838

    漢字・学名由来

    漢字 本北国赤蝦、本北国赤海老
    由来・語源 ホッコクアカエビはもともと北半球のもので1種類だと思われていた。それが2種類になり、最初に種名のもととなっていたのが大西洋北部のものであるため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。カナダ西岸、グリーンランド、北部大西洋に分布。

    生態

    基本情報

    入荷は不安定。
    甘エビ類はロシア、アイスランドなどから輸入されている。
    この北大西洋アイスランド産が本種。
    外見上はまったく区別がつかず、味も同じ。

    水産基本情報

    市場での評価 冷凍甘エビとしては不安定ながら入荷してくる。値段はロシア産などと同様やや安値安定。
    漁法 カゴ漁
    産地 アイスランドなど
    市場でのホンホッコクアカエビ冷凍で入荷してくる。冷凍ものとはいえ品質にはバラツキがあり、値段が味の良し悪しのバロメータとなる。生で食べるほか、値段も安いので唐揚げなどにもできる。写真はアイスランド産。

    選び方

    冷凍された状況で焼けなどのないもの。

    味わい

    旬は不明
    殻は薄く、身は水分が多い。
    旨みは少なく、甘みが強い。
    この甘みは粘液質のアミノ酸が原因で、甘みを長く感じるため。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    刺身、みそ汁(汁)、天ぷら
    なんと言っても生で食べて美味。
    甘みを楽しむもの。
    汁にするといいだしが出る。
    濃厚な旨みでみそ汁などにして美味。
    天ぷらにしても美味。
    殻つきのまま揚げるのがコツ。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「ホンホッコクアカエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ