ブドウエビ

Scientific Name / Pandalopsis miyakei Hayashi,1986

ブドウエビの形態写真

体長20センチ前後になる。生きているときは赤紫色で時間がたつと赤くなる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目コエビ下目タラバエビ科モロトゲアカエビ属
    外国名
    学名
    Pandalopsis miyakei Hayashi,1986
    漢字・学名由来
    漢字 葡萄蝦、葡萄海老
    由来・語源 色合いがブドウのふさのようであるため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。相模湾以南太平洋。
    生態
    基本情報
    非常に珍しいエビ。
    基本的に食用とする以前の動物。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    旬は不明
    殻は柔らかく身に甘みが強い。
    食感が強い。
    熱を通すと縮む。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、ゆでる
    ブドウエビの刺身
    刺身 刺身は味も食感もタラバエビ類中最上の味わい。茹でたブドウエビ
    ゆでる ゆでると身が縮むが、ほろほろと甘い。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    このエビは駿河湾でのカニカゴ漁で希にとれるもの。モロトゲアカエビの仲間で卵を産む数も少なく、子孫を残す能力も低い。したがってあまり漁獲量が増える可能性もなく、食用とされることはまず望めない。
    参考文献・協力
    焼津港長兼丸、長谷川久志さんか
  • 主食材として「ブドウエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ