ミツクリエビ

Scientific Name / Pandalopsis pacifica (Doflein, 1902)

ミツクリエビの形態写真

体長50ミリ前後になる。細長く鮮度がよいと草色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目コエビ下目タラバエビ科モロトゲアカエビ属
    外国名
    学名
    Pandalopsis pacifica (Doflein, 1902)
    漢字・学名由来
    漢字 箕作蝦、箕作海老
    由来・語源 動物学者の箕作圭吉の名を戴いたもの。
    地方名・市場名 [?]
    アオエビ[青海老]
    場所北海道 
    生息域
    海水生。室蘭から根室、野付半島。
    内湾のアマモ場。
    生態
    基本情報
    厚岸などからスナエビ(エビジャコ類)とともに入荷してくる。
    小型のエビで単独での利用価値は低い。
    水産基本情報
    市場での評価 厚岸などからエビジャコ類とともに少ないながら入荷してくる。安い。
    漁法 底引き網
    産地 北海道
    選び方
    色合いの青いもの。体色したものは古い。
    味わい
    旬は初夏。
    殻は柔らかく、額角のみ硬い。
    身に甘みがあり、熱を通すと縮む。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 みそ汁、刺身
    みそ汁◆小型で細長いのでみそ汁にするのがいちばん。こくのある甘いみそ汁でおいしい。
    刺身◆甘みがあるものの歩留まりが悪く煩わしい。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『北の味たんけん』(毎日新聞社 1990)
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ミツクリエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ