ゲンロクダイ(Browbanded butterflyfish)

Scientific Name / Chaetodon modestus (Temminck & Schlegel,1844)

ゲンロクダイの形態写真

SL 17cm前後になる。チョウチョウウオでも小型。側へんして体高があり黄金色と白色の帯が交互にある。背鰭後半に白い縁取りのある黒斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
    外国名
    Browbanded butterflyfish
    学名
    Chaetodon modestus (Temminck & Schlegel,1844)
    漢字・学名由来
    漢字 元禄鯛
    由来・語源 江ノ島での呼び名をもとに田中茂穂が決める。横縞が大柄で「元禄袖の形の魚」という意味合い。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    インヒシャ カガミウオ シマウオ シマゴウロウ シマダイ
    参考文献より。 
    生息域
    下北半島以南の太平洋、兵庫県以南の日本海、東シナ海。台湾、フィリピン、インドネシア。
    岩礁域。
    生態
    基本情報
    主に定置網などに紛れ込み漁師さんには雑魚と見なされる魚。相模湾などでは珍しいというほどでもないが、雑多な未利用魚のなかに1個体か、2個体見つかる程度。非常に小型である、まとまってとれないなどで、まったく利用されない
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    漁法/定置網
    産地/
    選び方
    触って張りのあるもの。縞模様などのはっきりしているもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かく取りやすい。皮はやや厚みがあって強い。骨は硬くない。
    透明感のある白身。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ゲンロクダイの料理法・食べ方/煮る(塩煮)、焼く(塩焼き)

    ゲンロクダイの塩煮(まーす煮) 水洗いして、強い塩水で煎りつける(水分を飛ばす)ように煮上げる。煮ても硬くならず、皮と身に上品な甘味とうま味がある。なかなか捨てがたいおいしさ。まとまってとれたら出荷して欲しいものだ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/二宮定置(神奈川県二宮町/山崎哲也さんほか)、岩田昭人さん(尾鷲市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ゲンロクダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ