スミツキトノサマダイ(Bluespot Butterflyfish)

Scientific Name / Chaetodon plebeius Cuvier, 1831

スミツキトノサマダイの形態写真

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
    外国名
    Bluespot Butterflyfish
    学名
    Chaetodon plebeius Cuvier, 1831
    漢字・学名由来
    漢字/墨附殿様鯛
    由来・語源/墨をつけたような模様で同じチョウチョウウオ属のトノサマダイに似ているため。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名 [?]
    カーサー
    備考チョウチョウウオ属の総称として 場所沖縄県南城市知念知念漁協など 
    生息域
    海水魚。岩礁・サンゴ礁域。
    伊豆諸島、小笠原諸島、静岡県田子、和歌山県串本、高知県柏島、男女群島、鹿児島県南さつま市笠沙、屋久島、琉球列島、南大東島。
    台湾、香港、東沙諸島、南沙諸島、アンダマン海から西太平洋。
    生態
    基本情報
    追い込み漁や定置網でとれてしまうもの。チョウチョウウオ属でも小型種なので、ほとんど食用になることはない。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    漁法/定置網、追い込み漁
    産地/
    選び方
    色合いが鮮やかなもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は硬く残りやすい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    白身で熱を通すと硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    スミツキトノサマダイの料理法・調理法・食べ方/煮る(まーす煮)

    スミツキトノサマダイのまーす煮 1個体だけなので身質をみるために。内臓はできるだけ早く抜いた方がいい。水洗いして強めの塩水で短時間煮る。くせのない白身で決してまずくはない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「スミツキトノサマダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ