ニセフウライチョウチョウウオ(Lined butterflyfish )

Scientific Name / Chaetodon lineolatus Cuvier, 1831

ニセフウライチョウチョウウオの形態写真

SL 36cm前後になる。吻はやや尖る。体側に横に細い島の線条の半がある。目の上部から鰓蓋の下まで連続した黒い帯がある(ヒメフウライチョウチョウウオはこれが目の上で途切れる。)。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
    外国名
    Lined butterflyfish
    学名
    Chaetodon lineolatus Cuvier, 1831
    漢字・学名由来
    漢字/偽風来蝶々魚、偽風來蝶々魚
    由来・語源/「風来蝶々魚」は田中茂穂の命名。たぶん発見した個体は幼魚で、暖かくなると回遊してくる、それを「風来」としたのだと思う。それに似て別種という意味合い。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。
    地方名・市場名 [?]
    カーサー
    備考チョウチョウウオ科の総称。 場所沖縄県石垣市(河)・沖縄本島南城市知念漁協 
    生息域
    海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
    八丈島、小笠原諸島、和歌山県串本、高知県柏島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣列島。
    幼魚/千葉県外房、大阪湾。
    台湾、香港、東沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋(イースター島をのぞく)
    生態
    造礁サンゴのポリープをエサとする。
    基本情報
    チョウチョウウオ科の一部は食用となっている。本種もその可能性が強い。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「ニセフウライチョウチョウウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ