サハリンボタンエビ

Scientific Name / Pandalus ivanovi Komai & Eletslaya (2008)

サハリンボタンエビの形態写真

体長17cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目コエビ下目タラバエビ科タラバエビ属
    外国名
    学名
    Pandalus ivanovi Komai & Eletslaya (2008)
    漢字・学名由来
    漢字/薩哈嗹牡丹海老(仮名) Saharin botanebi
    由来・語源/仮名で掲載した。
    学名はロシアVNIROの研究者だった Boris Ivanov に献名。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。
    サハリン(カラフト)東沖。
    生態
    基本情報
    過去に数回冷凍流通したことがある。サハリン東沖でしか見つかっていないために、資源量などは不明。また和名もついていないので、今回は仮名で公開した。
    トヤマエビに負けない味わいで、漁獲対象として確立すれば高価に取引されるはずだと思う。
    水産基本情報
    市場での評価/冷凍流通のみ。高価。
    産地/ロシア
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    殻は柔らかい。
    身は甘味が強く、食感もいい。非常に美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    サハリンボタンエビの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、揚げる(天ぷら)
    サハリンボタンエビの刺身 解凍して殻を剥くと冷凍物とは思えないきれいな身をしている。トヤマエビよりも赤みが強い。食感がほどよく、甘味も豊かである。一般的に「ボタンエビ」として出回っているなかでもトップクラスの味。


    サハリンボタンエビの天ぷら 甘エビ(ホッコクアカエビ)と比べると水分が少なく、身が締まっている。熱を通しても強く縮まず、食感もほどよい。衣をつけて揚げると、甘味と食感が強まり、非常においしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/宮木正一さん、駒井智幸さん
    Komai, T. & M. Eletskaya. 2008. A new species of the pandalid shrimp genus Pandalus (Crustacea: Decapoda: Caridea) from the Sea of Okhotsk off eastern Sakhalin, Russian Far East. Zootaxa 1882: 46–56.
  • 主食材として「サハリンボタンエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ