メナガガザミ(Long-eyed swimming crab)

Scientific Name / Podophthalmus vigil (Fabricius,1798)

メナガガザミの形態写真

甲幅10センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ガザミ上科ガザミ科メナガガザミ属
    外国名
    Long-eyed swimming crab
    学名
    Podophthalmus vigil (Fabricius,1798)
    漢字・学名由来
    漢字 目長蝤蛑
    由来・語源 目の柄が長いガザミという意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。相模湾〜八重山諸島。台湾、インド洋、紅海、ハワイ、オーストラリア。
    生態
    基本情報
    東南アジアでは食用とされている。
    我が国では高知県以南でとれるがあまり利用されていない。
    全国的に流通しない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東ではまだ見ていない。
    漁法 刺し網
    産地 高知県
    選び方
    原則的に生きているもの。臭いがしないもの。
    味わい
    旬は不明。
    甲羅は硬く細い。
    足の筋肉、甲羅下の筋肉ともに少ない
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 塩ゆで
    塩ゆで◆身の詰まりが悪いのが残念だではあるが、甘みがありなかなか味のいいカニである。
    あまり身が詰まっていない。時期にもよりそうだが残念。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/永野昌枝さん、長野廣さん 高知市
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「メナガガザミ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ