キチヌ(Yellowfin sea-bream)

Scientific Name / Acanthopagrus latus (Houttuyn, 1782)

代表的な呼び名キビレ

キチヌの形態写真

SL45cm前後になる。クロダイなどと比べ、全身から見て頭部が小さい。目は小さくやや前方にある。腹鰭、尻鰭、尾鰭が黄色い。背鰭棘条中央下の横列の鱗数は3.5。
キチヌの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL45cm前後になる。クロダイなどと比べ、全身から見て頭部が小さい。目は小さくやや前方にある。腹鰭、尻鰭、尾鰭が黄色い。背鰭棘条中央下の横列の鱗数は3.5。SL45cm前後になる。クロダイなどと比べ、全身から見て頭部が小さい。目は小さくやや前方にある。腹鰭、尻鰭、尾鰭が黄色い。背鰭棘条中央下の横列の鱗数は3.5。[SL21cm]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目タイ科ヘダイ亜科クロダイ属
    外国名
    Yellowfin sea-bream
    学名
    Acanthopagrus latus (Houttuyn, 1782)
    漢字・学名由来
    漢字 黄茅渟
    由来・語源 クロダイは茅渟の海(大阪湾)でたくさんとれたので、関西では「茅渟(ちぬ)」。そのクロダイに似て鰭などが黄色いという意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    カワダイ[川鯛]
    場所各地 
    ニタリ
    場所三重県尾鷲 
    ハダカノチヌ
    場所和歌山県雑賀崎 
    セジン
    場所大分県中津市中津魚市場 
    キビレ キヂヌ
    備考別名。 
    キチン シオチヌ シラタイ シラチン シロタイ チヌ チン チンゴ ヒダイ ヒチヌ ヒレアカ ホンチヌ
    参考文献より。 
    生息域
    海水・汽水域。内湾。
    千葉県外房〜九州南岸の太平洋沿岸、[京都府天橋立内海阿蘇海]、兵庫県浜坂〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、小笠原諸島。朝鮮半島南岸・東岸、台湾、中国東シナ海・南シナ海、トンキン湾、フィリピン諸島北岸、オーストラリア北西岸・北岸、ペルシャ湾〜インド沿岸。
    生態
    最初は総てが雄、15センチを超える頃に両性期となり、その後、雌になる。
    産卵期は秋。
    クロダイよりも内湾、河口域を好む。
    基本情報
    1980年代関東では珍しい魚だった。関東ではほとんど見られなかったといってもいい。これが今、流通や釣り人の間では当たり前の魚になりつつある。ただし、今でも関東に少なく西日本に多い。もともと関東での取扱量は少ない魚種であったが、最近(2011)入荷量が増えている。
    比較的暖かい内湾、汽水域に生息し、ときどき河川を遡上することもあり「川鯛」とも呼ばれる。
    透明感のある白身でクセがない。クロダイが寒い時期から初夏までの旬であるのに対して、一月ほど遅れて旬を迎える。
    残念なことに、ヘダイ亜科(黒いタイ)全体が値を下げているので、お買い得な魚となっている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東では珍しい魚のひとつであったが近年増えている。市場ではクロダイに混ざってくることが多いのであるが、キチヌのほうが主役ということも多い。
    東シナ海で大正時代には大量に漁獲されていた。急激に漁獲量は減り、現在に至っている。
    漁法 刺し網、定置網、釣り
    産地(漁獲量の多い順) 大分県、宮
    選び方
    目が澄んでいて、鰓が鮮紅色のもの。鰭の黄色みの強いもの。白っぽく退色しているものはダメ。
    味わい
    旬は春から夏。
    鱗は硬くなく取りやすい。皮はしっかりしている、引きやすい。
    透明感のある白身。活け締めの血合いは赤くきれいだが、野締めの血合いの色合いは濃く食欲をそそらない。
    熱を通すと適度に締まり、粗などからいいだしがでる。微かに川魚に似た臭みを感じることがある。
    キチヌの身色 透明感のある白身で血合いの赤みが強い。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、セビチェ、カルパッチョ)、煮る(酒塩煮、しょうゆ煮)、汁(潮汁、みそ汁)、揚げる(フライ)、ソテー(バター焼き)
    キチヌの刺身キチヌの刺身 活け締め、活魚を使うと身がきれいであるし、食感もいい。水洗いして三枚に下ろして皮を引き刺身状に切ったもの。焼霜造りや皮霜造りにしてもおいしい。身に甘みがあって春から夏にかけては脂がのっていてこくがある。皮は熱を通すと柔らかくなるので霜皮造り、焼霜造りにしてもいい。
    キチヌの酒塩煮キチヌの酒塩煮 水洗いして二枚に下ろして骨つきの方を切り身にする。湯通しして冷水に落とし、残った鱗やぬめりを流し、水分をよく切る。これを酒塩の味つけで煮る。上質の白身でほんのり甘味があり、皮が柔らかい。すだちなど柑橘類をふりながら食べて欲しい。
    キチヌの兜煮キチヌの兜煮 兜の部分を梨子割りにする。湯通しして冷水に落として残った鱗やぬめりを流す。水分をよく切り、酒、砂糖、しょうゆ味でこってり煮汁が少なくなるまで煮る。こってり煮たはずなのに付着した身は蒸し上がったように白く、皮目は煮汁を含んで甘い。卵巣や肝も美味。
    キチヌのみそ汁キチヌのみそ汁 小振りのキチヌ1尾を使ったみそ汁。水洗いして適宜に切る。湯通しして、冷水に落として残った鱗やぬめりなどを流す。これを水(昆布だしでも)から煮出してみそを溶く。実に滋味豊かな味のみそ汁になる。ご飯にもよく合い、主菜になる。
    キチヌの塩焼きキチヌの塩焼き 塩焼きはタイ科の魚にもっとも適した料理法である。本種もそうだが上質の白身で皮目に独特の好ましい風味がある。身離れがいいのも魅力。切り身に振り塩をして1時間以上置き、じっくりと焼き上げる。身に甘みがあってとてもうまい。
    キチヌのフライキチヌのフライ クセのない白身で熱を通しても硬く締まらないので、揚げ物にしてもいい。三枚に下ろして皮付きと皮を引いてでは味が違うのでお好みで。普通にフライにして表面は沸く通してなかは至って豊潤で甘味があって非常に美味。
    キチヌのポワレキチヌのポワレ キチヌは三枚に下ろして血合い骨を抜く。塩コショウして少し置く。これを油(グレープシードオイルでもオリーブオイルでもなんでもいい)でじっくりとソテーする。焼き上がったら本体を取りだし、白ワインでデグラッセ。味見して塩コショウする。ソースにして少量のバルサミコ酢をたらす。
    キチヌのホイル焼きキチヌのホイル焼き キチヌは水洗いして塩コショウする。出て来た水分を拭き取る。ホイルにバターを塗り、身を置き、キノコ、玉ねぎ、にんじんなどを乗せ、バターを載せてホイルをとじてガステーブルの魚焼き、オーブントースターなどのなかで焼く。
    好んで食べる地域・名物料理
    産後に食べる 愛媛県西条市ではチヌ(クロダイ)かキビレ(キチヌ)は産後の乳の出がいい、というので食べる。
    加工品・名産品
    釣り情報
    関東ではクロダイ釣りの外道として、本命に準じるというよりも同等に扱われている。ただし数は少ない。これが西日本に行くと釣れる機会が増える。近年は静岡県では湾内でのカニエサの探り釣りでは大釣りも少なくはない模様。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/和歌山県雑賀崎の漁師・寺井政見さん、中山陽一さん(京都府)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「キチヌ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ