クロダイ属

Classification Acanthopagrus Peters, 1855

スズキ目(Perciformes)について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目
 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

タイ科について

定置網に入ったタイ科の魚
 スズキ目(Order : erciformes)、スズキ亜目(Suborder : Percoidei )タイ科(Family : Sparidae)にあたる。
 タイ科にはヘダイ亜科(Sparinae)、マダイ亜科(Pagrinae)、キダイ亜科(Denticinae)の亜科がある。国内に生息する属と種。
■ヘダイ亜科
ヘダイ属(Genus : Sparus Linnaeus,1758)ヘダイ
クロダイ属(Genus : Acanthopagrus Peters,1855)クロダイ、キチヌ、ナンヨウチヌ、ミナミクロダイ、オキナワクロダイ
■マダイ亜科
タイワンダイ属(Genus : Argyrops Swainson,1839)タイワンダイ
マダイ属(Genus : Pagrus Cuvier,1816)マダイ、アオボシマダイ
チダイ属(Evynnis)チダイ、ヒレコダイ
■キダイ亜科
セナガキダイ属(Genus: Cheimerius Smith, 1938)ホシレンコ
キダイ属(Genus : Evynnis)キダイ、キビレアカレンコ(アカレンコ)

クロダイ属(Acanthopagrus)について

オキナワのミナミクロダイ
 国内にいるクロダイ属は北海道から九州に普通に見られるクロダイ、キチヌ、ナンヨウチヌ、ミナミクロダイ、オキナワキチヌの5種。漁獲量はクロダイがいちばん多く、水産的にも重要である。クロダイというのは東京での呼び名でむしろ「チヌ」という地域の方が多い。また本州から九州にはクロダイ、キチヌの2種だが琉球列島にはナンヨウチヌ、ミナミクロダイ、オキナワキチヌの3種がいる。クロダイ属の魚は汽水域に多く、ときに河川にも入る。比較的、都市部でも見られるので釣りの対象としても人気が高い。
●Acanthopagrus chinshira Kume & Yoshino, 2008/オキナワキチヌ
●Acanthopagrus latus (Houttuyn, 1782)/キチヌ
●Acanthopagrus pacificus Iwatsuki, Kume & Nakaya, 2010/ナンヨウチヌ
●Acanthopagrus schlegelii (Bleeker, 1854)/クロダイ
●Acanthopagrus sivicolus Akazaki, 1962/ミナミクロダイ
Acanthopagrus taiwanensis Iwatsuki & Carpenter, 2006/イワツキクロダイ

Acanthopagrus akazakii Iwatsuki, Kimura & Yoshino, 2006
Acanthopagrus arabicus Iwatsuki, 2013
Acanthopagrus australis (Günther, 1859)
Acanthopagrus berda (Forsskål, 1775)
Acanthopagrus bifasciatus (Forsskål, 1775)
Acanthopagrus butcheri (Munro, 1949)
Acanthopagrus catenula (Lacepède, 1801)
Acanthopagrus longispinnis (Valenciennes, 1830)
Acanthopagrus morrisoni Iwatsuki, 2013
Acanthopagrus omanensis Iwatsuki & Heemstra, 2010
Acanthopagrus palmaris (Whitley, 1935)
Acanthopagrus randalli Iwatsuki & Carpenter, 2009
Acanthopagrus sheim Iwatsuki, 2013
Acanthopagrus vagus (Peters, 1852)

クロダイ属に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト