ヨーロッパヘダイ(Gilt-head bream)

Scientific Name / Sparus auratus (Linnaeus,1858)

ヨーロッパヘダイの形態写真

体長40センチ前後になる。左右鰓蓋骨に大きな黒い斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目タイ科ヘダイ亜科スパルス属
    外国名
    Gilt-head bream
    学名
    Sparus auratus (Linnaeus,1858)
    漢字・学名由来
    漢字 欧羅巴平鯛
    由来・語源 ヨーロッパに普通に見られて日本で水揚げされているヘダイに近い種という意味。古くはヘダイと同属だった。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    地方名・市場名 [?]
    Dorade royale
    場所フランス 
    Dorada
    場所スペイン 
    生息域
    海水、汽水域。
    西大西洋岸のイギリスからセネガル、地中海、黒海。
    生態
    基本情報
    地中海などで盛んに養殖されている。
    白身魚としてもっとも多用されている魚のひとつ。
    水産基本情報
    市場での評価 輸入魚。関東の市場ではスポット的に見られるもの。一定の評価はない。
    漁法 養殖
    産地 トルコ
    選び方
    味わい
    養殖魚で旬は不明。
    鱗は柔らかく取りやすい。骨はやや硬く皮がしっかりして引きやすい。
    白身で熱を通しても締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/TURKISH SEAFOOD PROMOTION COMMITTEE
  • 主食材として「ヨーロッパヘダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ