タイワンダイ(Taiwan tai)

Scientific Name / Argyrops bleekeri Oshima, 1927

タイワンダイの形態写真

体長40cm前後になる。体高があり正円に近い。背鰭前方の棘は軟らかく長く伸びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目タイ科マダイ亜科タイワンダイ属
    外国名
    Taiwan tai
    学名
    Argyrops bleekeri Oshima, 1927
    漢字・学名由来
    漢字 台湾鯛
    地方名・市場名 [?]
    ヨナバルマジク
    場所沖縄本島 
    マーダイ
    場所沖縄宮古島 
    生息域
    海水魚。沖合性。
    奄美大島、沖縄。済州島、台湾、浙江省、トンキン湾、インドネシア。
    生態
    基本情報
    主に沖縄、鹿児島などで漁獲、食べられているもの。
    大型になり、マダイ同様に美味であるので、高価な魚だ。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷はあまり多くない。高価。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    体色が鮮やかなもの。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもので、鰓が赤いもの。
    味わい
    旬は冬から春。
    鱗はやや硬いが取りやすい。皮は少し硬い。
    骨があまり硬くなく、透明感のある白身で血合いの色は弱い。
    熱を通すと適度に締まり、いいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 塩焼き、生食(刺身、皮霜造り)、汁(みそ汁、潮汁)、ソテー(ポワレ、バター焼き)、煮つけ、揚げる(唐揚げ、フリッター)
    蕪などとしょうゆ仕立ての汁にしても、またみそ汁にしてもうまい。

    皮霜造り 三枚に下ろして熱湯をかけて冷水に取り、水分をよく拭き取る。皮はやや硬いがうま味と皮下の脂が甘い。
    刺身 皮を引いて単に刺身にしても非常にうまい。身に甘みと味がある。血合いの色が弱く見た目にも美しいのも魅力的。
    塩焼き 兜(頭部)などを塩焼きにして究極のうまさ。適度に繊維質で身離れがよく、身に甘みがある。
    煮る 液体を使った料理法である、汁、煮つけにしてもとてもおいしい。特にかぶと煮は皮も身も実に味わい深くて絶品である。当然、最後には骨湯を。
    タイワンダイのポワレポワレ 皮がついた切り身に塩コショウして1時間以上寝かせる。皮目からじっくりと香ばしく焼き、取り出す。ソテーしたフライパンに白ワイン、クールブイヨンを加えて少し煮つめてソースにする。
    タイワンダイのフリッターフリッター 小麦粉に卵、オリーブオイル、水を加えて衣を作る。表面はかりっと香ばしく、身には甘味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「タイワンダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ